TechEyes

2017/08/30

市場動向レポート 「M2M (Machine to Machine) 通信モジュールと評価用計測器」2013年12月号 TechEyes Vol.02

注 : 本記事は、TechEyes 2013年12月号にて発刊された内容をそのまま掲載しておりますので、現在とは異なっている場合があります。


M2M(Machine to Machine)という用語に対する明確な定義はないようですが、ウィキペディアを参照しますと、「コンピュータネットワークにつながれた機械同士が人間を介在せずに相互に情報交換し、自動的に最適な制御が行われるシステムを指す。(中略)情報通信ネットワークと通信技術・通信機器の発達、およびセンサネットワーク技術や情報処理システムの高度化により初めて可能となるシステムで、ユビキタスコンピューティングの成果の一つである。通信機器が小型化され各種の装置に容易に組み込むことが可能になったこと、オンラインネットワークが国中の隅々まで張り巡らされたこと、さらには無線通信技術の発展などの多様な技術がM2Mを支える土台となっている。」とあります。

モノとモノの通信(M2M)関連市場は、今後の成長分野として市場拡大に大きな期待が寄せられています。

今号では、M2Mの技術動向と市場について概観し、M2Mで使われる通信モジュールの評価用計測器について触れます。


M2M技術動向と市場

ご覧になられている方も多いかもしれませんが、M2Mの関連市場について興味ある総務省の資料があります(図1、および表1)。資料のいずれも通信モジュールを利用したM2Mサービスの普及が加速していくことを予測しています。

図1 携帯電話・PHSネットワークを利用したM2Mサービス

プレミアム会員登録 (無料) が必要です

この記事はプレミアム会員限定です。
続きをお読みいただくにはプレミアム会員登録が必要です。