計測器

基本情報

販売開始
販売状況
販売中
販売時参考価格
540,000 円〜
サポート状況
サポート中
この中古品を探す
閲覧にあたっての注意事項を表示する
  • 新品参考価格は発売当時の価格であり、現在の価格とは異なります。
    詳細はメーカへお問合せください。また、オプション構成によっても異なります。
  • 販売・サポートは登録時のものであり、現在の状況と異なる場合がございます。
    実際の状況はメーカーにお問合せください。
  • 中古品は既に在庫が無く、ご希望に添えない場合がございます。予めご了承願います。
閲覧にあたっての注意事項を閉じる
CT6711 電流プローブ 日置電機

商品説明

「突入電流・微小電流・高速電流」が1台で!・30A、5A、0.5Aの3レンジ搭載、1台で大電流30Aから微小電流までワイドに波形観測
・広帯域: DC〜120MHz
・高S/N比と10倍の出力レート: オシロスコープの最高電圧感度1mV/div設定において、100μA/divで波形表示が可能
・オシロスコープのBNC端子に直接入力※1
※1メモリハイコーダの樹脂製BNC端子に本器の金属製BNC端子を接続する場合、樹脂製端子が変形・破損する可能性があります。
損傷を避けるため、波形観測機器のBNC端子に対して真っすぐ着脱して下さい。

商品スペック

>>もっと見る

仕様
【周波数帯域】 DC〜120 MHz (-3dB)
【立上がり時間 (10%〜90%)】 2.9 ns以下
【遅延時間 (Typical)】 30Aレンジ: 12 ns, 5Aレンジ: 12 ns, 0.5Aレンジ: 13 ns
(入力信号1ns立ち上がり波形に対する遅れ時間)
【ノイズ】 75 μA rms以下 (0.5 Aレンジ, 帯域20 MHzの測定器にて)
【最大定格電流】 30Aレンジ: 30 A rms, 5Aレンジ: 5 A rms, 0.5Aレンジ: 0.5 A rms (DC, 正弦波にて規定/周波数ディレーティングあり)
【最大ピーク電流】 30Aレンジ: ±50 A peak (入力限界時間2s以内),
【最大ピーク電流】 5Aレンジ: ±7.5 A peak,
【最大ピーク電流】 0.5Aレンジ: ±0.75 A peak (< 10 MHz), ±0.3 A peak (≥ 10 MHz)
【振幅確度】 30Aレンジ: ±3.0% rdg. ±1 mV, (Typical) ±1.0% rdg. ±1 mV (≤ 10 Arms, DC, 正弦波45~66 Hz, 各レンジの最大ピーク電流内にて)
【振幅確度】 5Aレンジ: ±3.0% rdg. ±1 mV, (Typical) ±1.0% rdg. ±1 mV (DC, 正弦波45~66 Hz, 各レンジの最大ピーク電流内にて)
【振幅確度】 0.5Aレンジ: ±3.0% rdg. ±10 mV, (Typical) ±1.0% rdg. ±10 mV (DC, 正弦波45~66 Hz, 各レンジの最大ピーク電流内にて)
【出力電圧レート】 30Aレンジ: 0.1 V/A, 5Aレンジ: 1 V/A, 0.5Aレンジ: 10 V/A, ※本器の出力は内部で終端されています。1MΩ等の高入力インピーダンス電圧入力機器に接続してください。
【測定可能導体径】 φ 5 mm以下 (絶縁導体)
【電源】 電源3269, プローブ電源ユニットZ5021より供給
【ケーブル長】 センサケーブル (中継BOX-センサ間): 1.5 m
【ケーブル長】 電源ケーブル: 1.0 m (電源プラグ: レモ社製/FFA.0S.304.CLAC37Y)
【寸法・質量】 センサ部: 155W × 18H × 26D mm, 中継BOX部: 45W × 120H × 25D mm, ターミネーション部: 29W × 83H × 40D mm, 370 g
【付属品】 取扱説明書 ×1, 携帯用ケース ×1

オプション

  • プローブ電源ユニット Z5021
  • 販売時参考価格:75,000 円〜

関連資料ダウンロード

会員登録 (無料) が必要です

関連資料のダウンロードは会員限定です。
関連資料をダウンロードいただくには会員登録が必要です。

レビュー

この商品には現在レビューがありません。
レビュー投稿へのご協力をよろしくお願いいたします。

その他の電流プローブ

サービス紹介

・動画で学べる「計測入門講座 Isee!」を掲載開始! 視聴は こちら

・登録資料数約3万点のカタログ提供サービスをリリースしました「カタログ倉庫

・計測・測定に関する用語全般を収録した TechEyesOnline の用語集をリリースしました「計測関連用語集

・JEMIMAと相互リンクの「デジタルオシロスコープの基礎と概要」掲載中!記事は こちら

関連記事