「日置電機」の検索結果

計測器

カタログ倉庫

学び情報

2018/05/22
計測器・測定器の基礎・原理レポートです。メモリレコーダは、メカトロ機器、電力設備、機械、材料、バイオなど幅広い分野で波形観測に使われるのが波形記録装置の一種です。日置電機、横河計測、グラフテック、エー・アンド・デイなどのメーカーより提供され、研究開発から生産現場、保守に至るまで様々な分野で利用されています。今回は、日置電機の協力を得て、メモリレコーダの歴史を触れながら、原理・構造から選び方・使い方などの基礎的な知識をご紹介します。
2018/05/08
計測器・測定器の基礎・原理レポートです。メモリレコーダは、メカトロ機器、電力設備、機械、材料、バイオなど幅広い分野で波形観測に使われるのが波形記録装置の一種です。日置電機、横河計測、グラフテック、エー・アンド・デイなどのメーカーより提供され、研究開発から生産現場、保守に至るまで様々な分野で利用されています。今回は、日置電機の協力を得て、メモリレコーダの歴史を触れながら、原理・構造から選び方・使い方などの基礎的な知識をご紹介します。
2018/04/23
計測器・測定器の基礎・原理レポートです。メモリレコーダは、メカトロ機器、電力設備、機械、材料、バイオなど幅広い分野で波形観測に使われるのが波形記録装置の一種です。日置電機、横河計測、グラフテック、エー・アンド・デイなどのメーカーより提供され、研究開発から生産現場、保守に至るまで様々な分野で利用されています。今回は、日置電機の協力を得て、メモリレコーダの歴史を触れながら、原理・構造から選び方・使い方などの基礎的な知識をご紹介します。
2018/04/18
電力を測るについてです。 直流電力は、単純に「直流電圧×直流電流」の計算で求められますが、交流の場合は、よく知られているように負荷により電圧・電流間に位相差が発生しますので、位相を考慮して電力を求めます。

市場動向

2020/01/21
日置電機は長年に渡って電力インフラの保守・点検市場に多くの現場測定器を提供してきた。日置電機で長年現場測定器を担当されているイノベーションセンターMNユニットの宮田雄作様が執筆された「現場がわかる!電気測定入門 -ハカルと学ぼう!測定のキホン-(オーム社)」が2019年8月に出版されたのを機会に日置電機の現場測定器の取り組みや出版の背景などについて伺った。
2019/05/28
TechEyesOnline取材班(TEO)は、2019年4月24日(水)~26日(金)にパシフィコ横浜 A/Bホールで開催されたOPIE’19(OPTICS&PHOTONICS International Exhibition 2019)展示会場を回りました。光関係の国際会議(OPIC)と連動しているため、国内最大規模の光関連展示会です。レーザーや赤外・紫外応用製品、レンズなど世界の光学機器が一堂に会し、新年度の研究開発・設計に役立つ情報収集、光業界の動向調査の場として広く認識されています。展示会は6展の同時開催ですが、最も大きな「レーザーEXPO」をメインにPart1 計測器、Part2 装置に分けて紹介します。 Part1は、「レンズ設計・製造展」から、レンズの製造現場だけでなく幅広い製品の縞干渉計測で導入されている富士フイルムのレーザー干渉計を、「レーザーEXPO」から、RGB3色のレーザー光源による日置電機の照度計・輝度計・光パワーメータと、光通信・光インターコネクション分野などで高度な応用計測に対応するシナジーオプトシステムズの光計測光学系を取材しました。
2019/03/08
TechEyesOnline取材班(TEO)は2019年1月16日(水)~18日(金)に東京ビックサイトで開催された、自動車の最新技術が一堂に出展されるオートモーティブ ワールド2019会場を回りました。東5~6ホール会場の3つのゾーンから最先端、または新製品を出展する3社を取材しました。第10回EV・HEV駆動システム技術展(EV JAPAN)、モータ・インバータ駆動システムゾーンからケーヒンのパワーコントロールユニットを、また第11回国際カーエレクトロニクス技術展(カーエレJAPAN)のテスティングゾーンから日置電機の新製品・大電流センサを、電子部品/材料ゾーンからアルプスアルパインの近未来コックピットをご紹介します。
2018/07/25
計測器・測定器に関する市場動向レポートです。IoT時代においては、多様なニーズに対応できる通信技術が求められます。水道・ガス・電力メータやセンサのような広域に拡散したIoTには、低消費電力で広域をカバーする低コストのLPWA通信ネットワークが提案され、建機の遠隔操作、遠隔手術、自動運転車のようなミッションクリティカルなIoTには、msオーダの低遅延時間で、高精細の画像をストレスなしで伝送できる広帯域の第5世代移動通信システム(5G)規格の策定が進んでいます。今号では、IoT市場の動向とIoTの基盤技術ともいえる5GとLPWAを概観し、開発用の測定器について触れます。
2018/02/23
TechEyesOnline取材班(TEO)は、昨年11月29日(木)~30日(金)に東京ビックサイトで開催された「SCF 2017/計測展2017 TOKYO」を取材しました。計測器業界における大きな展示会はいくつかありますが、なかでも国内最大規模の展示会が計測展です。今年は、「オートメーションと計測の先端技術総合展~IoTで未来を拓くものづくり新時代~」をコンセプトに、制御系の「SCF2017」と計測系の「計測展2017」の合同開催となりました。本編では、計測器メーカ5社とIoT関連の協会を取材したものを、Part1・Part2に分けてご紹介します。

セミナー情報

2024/04/25
本動画ウェビナーは、従来「電気計測技術講座」と題してお客様先で講習していたカリキュラムから座学のみをまとめた教育資料となります。電圧・電流・抵抗測定といった基礎から、計測器の確度や選定ポイントといった実務に直結した全6章で構成されており、新人だけでなく、ベテラン技術者の振り返りとしても評価をいただいている特別講義になります。 2024-05-31
2024/03/05
核間の距離情報を取得する溶液NMRの手法としてNOESY及びROESYがあります。NOESY測定の方がより一般的で多用されていると思いますが、サンプルによってはNOEが原理的に得られないことがあります。そのときはROESY測定を使うことになりますが、そこにおいては、(TOCSY信号の混在等)測定上の難しさが言われます。このウェビナーでは、いつROESYが必要になり、そこにどのような潜在的な困難があり、それに対してどのような(測定的な)対処法があるのかについて、お話します。 2024-03-20
2024/02/06
本ウェビナーは、電気工事や保守業務に不可欠な「接地抵抗計」の技術講座です。DMM、絶縁抵抗計と続いた「プロフェッショナルシリーズ」3部作の最終章になります。今回の講師は「電気と工事2月号」の特集記事「接地抵抗計を使いこなせ!」の執筆者が登壇し、測定原理から現場の実践テクニックまでを徹底解説いたします。 2024-02-15
2023/11/27
HIOKIは世界でいち早くLIB電極抵抗の電気的な解析に取り組み、新たなLIB電極評価としてスラリー解析システムを展開しています。本システムにより従来の現物主義の評価から数値を用いた製品評価が可能になります。LIBの開発現場だけでなく、製造工程改善にも活用が広がってきています。セミナーでは解析の原理を理解いただくとともに、全固体電池のような新しい技術を対象にした最新アップデートの情報などスラリー解析の動向を知ることができます。バッテリの生産から、最新LIBの研究、開発に関わる方の受講申込みをお待ちしています。 2023-12-14
2023/09/28
燃料電池・電解装置の開発に携わる技術者向けの講座となっており、理論的な解説に重点を置いた2022年版(基礎編・EIS編)をベースに、最新の実測データをふんだんに盛り込んだ総集編といってもよいセミナーとなっております。特に社会実装レベルでの評価方法について課題を持つ技術者であれば見逃し厳禁の内容です。 2023-10-13