計測器

計測器中古市

ケーブル・アンテナアナライザ

形名:
JD724C
JD724C ケーブル・アンテナアナライザ Viavi
販売開始
販売状況
販売中
販売時参考価格
サポート状況
サポート中
閲覧にあたっての注意事項
  • 販売時参考価格は発売当時の価格であり、現在の価格とは異なります。
    詳細はメーカへお問合せください。また、オプション構成によっても異なります。
  • 販売・サポートは登録時のものであり、現在の状況と異なる場合がございます。
    実際の状況はメーカーにお問合せください。
  • レンタル品は在庫が無く、ご希望に添えない場合がございます。予めご了承願います。
  • 中古品は既に在庫が無く、ご希望に添えない場合がございます。予めご了承願います。

商品説明

モバイルネットワークの問題の大半は、アンテナシステムと RF およびファイバーケーブル、コネクタで構成されるセルサイトのインフラで発生します。基地局を正しく設置、整備するには、適切なテスト機器が必要です。
VIAVI CellAdvisor JD720C アナライザはハンドヘルド設計で使いやすく、機能が豊富で、セルサイトのインフラの特性を明らかにするための最適なテストソリューションです。
JD720C アナライザには、VSWR またはリターンロス反射テスト、障害までの距離 (DTF)、ケーブル損失、利得/挿入損失をはじめとして、同軸ケーブルとアンテナシステムの特性を明らかにする測定機能すべてが用意されています。
挿入利得/損失、アンテナ分離、TMA 性能、デュプレクサやコンバイナなどのデバイス検証などの RF コンポーネント測定も実施できます。
7 インチのカラータッチスクリーンディスプレイを搭載しているため、操作は簡単で、測定結果が明確に表示されます。
VIAVI アプリケーションソフトウェアに接続することで、測定解析とレポート生成が容易になります。
JD720 アナライザにはまた、VIAVI ファイバーマイクロスコープを使ったファイバー検査や V I AVI 光パワーメーターを使った光パワー測定機能もあります。
RF とファイバー機能を持つ、この一つに統合されたソリューションは、基地局の設置と保守に必要なすべての物理層テストを提供できます。
主な測定機能は以下の通りです。
・反射 - VSWR / リターンロス
・DTF - VSWR / リターンロス
・1 ポートケーブル損失
・1 ポート位相
・スミスチャート
・2 ポート伝送*
・2 ポート位相*
・RF および光パワーメーター
・ファイバー端面検査
・ハイパワー CW シグナルジェネレーター*

商品スペック

>>もっと見る

RF パワーメーター (標準仕様)
【表示レンジ】-80~+120dBm
【オフセット範囲】0~60dB
【分解能】0.01dB または 0.1 x W (x = m、u、p)
光パワーメーター (標準仕様)
【表示レンジ】–100~100dBm
【オフセット範囲】0~60dB
【分解能】0.01dB または 0.1mW
反射/RF OUT
【コネクタ】ーN 型メス
【インピーダンス】50Ω (公称値)
【損傷レベル】最小 +40dBm、最小 DC±50V (公称値)
接続
【USB ホスト1】 タイプ A、ポート 2 つ
【USB クライアント2】 Mini-B、ポート 1 つ
【LAN】 RJ45、10/100Base-T
【シリアル】9 ピン D-SUB オス3
ディスプレイ
【タイプ】抵抗膜式タッチスクリーン
【サイズ】7 インチ LED バックライト方式、半透過型
【LCD】分解能800 x 480
電源
【外部DC入力】DC12~15V
【消費電力】12W 最大 34.5W(バッテリー充電時)

関連資料ダウンロード

会員登録 (無料) が必要です

関連資料のダウンロードは会員限定です。
関連資料をダウンロードいただくには会員登録が必要です。

レビュー

この商品には現在レビューがありません。
レビュー投稿へのご協力をよろしくお願いいたします。

その他の計測器

サービス紹介

・動画で学べる「計測入門講座 Isee!」を掲載開始! 視聴は こちら

・計測・測定に関する用語全般を収録した TechEyesOnline の用語集をリリースしました「計測関連用語集

関連記事