計測器

計測器名・型から探す
調達手段から探す
カテゴリーから探す
メーカーから探す
計測器中古市
MW90010A コヒーレントOTDR アンリツ
販売開始
販売状況
販売中
販売開始時参考価格
サポート状況
サポート中
閲覧にあたっての注意事項
  • 販売開始時参考価格は発売当時の価格であり、現在の価格とは異なります。
    詳細はメーカへお問合せください。また、オプション構成によっても異なります。
  • 販売・サポートは登録時のものであり、現在の状況と異なる場合がございます。
    実際の状況はメーカーにお問合せください。
  • レンタル品は在庫が無く、ご希望に添えない場合がございます。予めご了承願います。
  • 中古品は既に在庫が無く、ご希望に添えない場合がございます。予めご了承願います。
  • 画像は同一シリーズのものを掲載している場合があります。

商品説明

製品説明コヒーレントOTDRMW90010Aは、最大12,000kmまでの超長距離光海底ケーブルの障害検出を10mの測定分解能で実現したOTDRです。
コヒーレント検波技術により、光海底ケーブルの破断点、ケーブル損失、曲げ損失、ファイバ長などを波形データとして取得でき、詳細な評価が行えます。測定時間やダイナミックレンジなどの基本性能も優れ、光増幅器の中継間隔が80km以上の光海底ケーブルにおいて高精度に測定できます。
また、波長確度±0.2nmの波長可変光源を搭載しており、1535.03nm~1565.08nmの範囲で波長設定が可能で、DWDM海底ケーブルシステムに対応できます。

特長
・測定距離12,000kmまで
・アウトオブサービス測定時、ダミー光不要
・優れたGUIとインタフェース
・波長確度±0.2nmの波長可変光源を搭載

商品スペック

>>もっと見る

主な仕様
【被測定ファイバ】 ITU-T G.653(DSF)
【光コネクタ】 FC、SC、DIN、HSM-10/A、ST(リプレイサブル、PCタイプ)
【波長範囲(Probe光)】 1535.03 nm~1565.08 nm
【波長確度(Probe光)】 ±0.2 nm(20~30℃)
【ウォーミングアップ時間】 30分(20~30℃)
【パルス幅】 3、10、30、60、100 μs
【光出力パワー】 0~+13 dBm、0.5 dB ステップ
【ダイナミックレンジ(S/N=1)】17 dB以上
測定条件(パルス幅:10μs、アベレージ回数:216、
距離レンジ:1000km、Smoothing:On、信号:-57dBm@Pin)
【デッドゾーン】 0.5 km (パルス幅: 3μs)
【距離レンジ】 100 km、500 km~12,000 km(500 kmステップ)
【測定時間】 15分(距離レンジ: 1000 km、アベレージ回数: 216)
【寸法・質量】 320(W)×177(H)×451(D)、17 kg以下

関連資料ダウンロード

プレミアム会員(無料)とメルマガ購読の登録が必要です。

関連資料をダウンロードいただくには
プレミアム会員(無料)とメルマガ購読の登録が必要です。
【プレミアム会員の方】 ログイン後、プロフィール編集画面よりメルマガ購読欄を
「購読する」に変更をお願いします。
【一般会員の方】 ログイン後、プレミアム会員への移行&メルマガ購読の
手続きをお願いします。
【非会員の方】 プレミアム会員への登録&メルマガ購読の手続きをお願いします。

レビュー

この商品には現在レビューがありません。
レビュー投稿へのご協力をよろしくお願いいたします。

その他の光ファイバアナライザ

サービス紹介

・動画で学べる「計測入門講座 Isee!」を掲載開始! 視聴は こちら

・計測・測定に関する用語全般を収録した TechEyesOnline の用語集をリリースしました「計測関連用語集

関連記事