「デジタルマルチメータ」の検索結果

計測器

カタログ倉庫

技術情報・レポート

2022/05/17
今回はキーサイト・テクノロジーの協力を得て最新のベンチトップ型の6.5桁デジタルマルチメータの基礎的な使い方について解説する。記事で使った製品は現在でも世界中で多く使われているキーサイト・テクノロジーの6.5桁デジタルマルチメータ34401Aの後継機種として登場した34461Aである。第3回は「直流電圧を測定するための結線」「デジタルマルチメータの直流電圧測定の仕様表現」「直流電圧を測定するためのデジタルマルチメータの操作」「直流測定で発生する誤差要因」「1000Vを越える直流高電圧の測定」「微小な直流電圧の測定」「【ミニ解説】デジタルマルチメータで採用されている安全端子」。
2022/04/26
今回はキーサイト・テクノロジーの協力を得て最新のベンチトップ型の6.5桁デジタルマルチメータの基礎的な使い方について解説する。記事で使った製品は現在でも世界中で多く使われているキーサイト・テクノロジーの6.5桁デジタルマルチメータ34401Aの後継機種として登場した34461Aである。第2回は「直流電圧を正確に測る歴史」「現在のデジタルマルチメータの構造と機能」「デジタルマルチメータの選定」「【ミニ解説】測定カテゴリーとは」。
2022/04/12
今回はキーサイト・テクノロジーの協力を得て最新のベンチトップ型の6.5桁デジタルマルチメータの基礎的な使い方について解説する。記事で使った製品は現在でも世界中で多く使われているキーサイト・テクノロジーの6.5桁デジタルマルチメータ34401Aの後継機種として登場した34461Aである。第1回は「6.5桁ベンチトップ型のデジタルマルチメータのパネル」「パネルに書かれた警告表示」「テストリード」「電源の投入と日付時刻の設定」。
2020/07/14
校正用標準器の代名詞であるFLUKEブランドは、世界の電気標準室で必ず使われている業界標準である。近年では電気から物理量である温度・圧力の校正分野に機種群を拡充してきたが、昨年(2019年)8.5桁の高精度/高確度デジタルマルチメータ(DMM)を18年ぶりにモデルチェンジし、従来のプロダクトラインには無かったモデルを新しくシリーズ化した。今回、紹介するDMMは、各社の標準室に採用されている同社の電圧・電流・抵抗の校正器(5700Aシリーズなど)と校正管理ソフトウェアによって、校正室の最新の課題解決を更に進めるものとなっている。株式会社TFF フルーク社 校正器営業部 営業部長 矢野陽太氏、マーケティング 蜷川晴伸氏、プリセールス・エンジニア 馬渕瑶子氏にお話を伺い、デモをお願いした。
2020/01/21
日置電機は長年に渡って電力インフラの保守・点検市場に多くの現場測定器を提供してきた。日置電機で長年現場測定器を担当されているイノベーションセンターMNユニットの宮田雄作様が執筆された「現場がわかる!電気測定入門 -ハカルと学ぼう!測定のキホン-(オーム社)」が2019年8月に出版されたのを機会に日置電機の現場測定器の取り組みや出版の背景などについて伺った。

セミナー情報・動画

2019/07/12
TechEyesOnline取材班(TEO)は2019年5月22日(水)~24日(金)に東京ビックサイトの西1・2ホールで開催されたJECA FAIR(ジェカ フェア)を回りました。電気設備関係者が一堂に集う、機器、資材、工具、施工技術に関する国内最大の電気設備総合展示会です。現場用の計測器もほとんど全てのメーカが出展します。20社以上の現場電気測定器の中から特徴のある3社を取材しました。配電盤・開閉器と探査・測定器の両方のメーカである戸上電機製作所の太陽光発電システム保守用測定器、ケーブルテスタの雄フルーク・ネットワークスの産業イーサネット対応の適合試験やPoE能力検証試験、環境・温度から工業設備まで現場測定器をラインナップするカスタムの防塵防水DMM、それぞれ新製品をご紹介します。 《JECA FAIR2019は展示会場内の撮影が一切禁止のため、出展社から後日提供された画像を掲載しています》
2018/07/23
テクトロニクスは、6月14日にイノベーション・フォーラムを開催しました。パワー、オートモーティブ、データセンタ、高速シリアル、RF/ワイヤレスの最新の技術課題や計測トレンドの技術セミナと併せて、多くのソリューション展示コーナが開設されました。TechEyesOnline取材班(TEO)によるレポートを、Part1とPart2に分けて掲載します。
2018/07/23
テクトロニクスは、6月14日にイノベーション・フォーラムを開催しました。パワー、オートモーティブ、データセンタ、高速シリアル、RF/ワイヤレスの最新の技術課題や計測トレンドの技術セミナと併せて、多くのソリューション展示コーナが開設されました。TechEyesOnline取材班(TEO)によるレポートを、Part1とPart2に分けて掲載します。
2017/08/30
”実践技術トレーニング”とは、横河レンタ・リース株式会社が提供する、基本計測器から、高周波計測器、通信計測器、光計測器などの“理論と実践”の両分野をカバーした、業務に直接役立つ教育プログラムです。本講座では、計測管理活動を進める上で必要となる基礎知識を、実習・演習を交えて学びます。トレーサビリティ・システムを理解し、計測器校正に関連する制度を知ることにより、計測管理業務を的確に推進できるようになります。
2017/08/30
”実践技術トレーニング”とは、横河レンタ・リース株式会社が提供する、基本計測器から、高周波計測器、通信計測器、光計測器などの“理論と実践”の両分野をカバーした、業務に直接役立つ教育プログラムです。本講座では、基本測定器であるDMM(デジタルマルチメータ)、カウンタ、FG(ファンクションジェネレータ)の3機種を学びます。 測定器の動作原理や機能を理解し、適切に操作することにより、信頼できる測定結果を得ることができるようになります。テストリードの誤接続(接続を間違えると測定器を破損することがある事例)などを複数種類のDMMで実習します。

TechEyes

2018/02/07
計測器・測定器に関する市場動向レポートです。IoTでは、加速度・照度・温度・圧力・ひずみなどを電気信号に置き換えるさまざまなセンサが重要な役割を果たします。センサの市場動向と特長を俯瞰しながら産業面のアプリケーションをみていきます。また、センサの開発に使用されている測定器についてもご紹介します。
2017/11/08
計測器・測定器に関する市場動向レポートです。電力系統は、発電・送電・変電・配電の各設備で構成されています。受変電・受配電設備では、事後保全と予防保全の考え方のもとに保全計画が求められます。現場での保全には、テスタやクランプメータ、メガーなどを利用されています。保護継電器(リレー)や変電設備などを取り上げて、保全技術と現場で使用されている測定器について触れます。
2017/10/16
計測器・測定器に関する市場動向レポートです。電力・ガス・水道などの公共インフラ施設からコンビーナートや各種工場などでは、高度なPA・FA技術に支えられています。これらのインフラ・工場施設では、電気・圧力・水圧・温度・振動・騒音などの測定に、さまざまな工業計器・測定器などで監視・制御されています。また、工業計器・測定器には定期的な校正作業やメンテナンスが欠かせません。代表的なインフラ施設を取り上げて、計装分野において活躍する計測器をご紹介します。
2017/10/03
計測器・測定器に関する市場動向レポートです。HEMSやBEMSに代表されるように省エネに対する関心は高まっています。IoTを活用した省エネ・サービスも始まっています。エネルギー制御に重要なデバイスがセンサです。家庭内のエネルギー消費を俯瞰しながら、省エネ製品を支えるセンサ技術とその開発を支える測定ソリューションをご紹介します。