計測器

パネルマウント型ハイブリッドレコーダ

基本情報

販売開始
販売状況
販売終了
販売時参考価格
サポート状況
サポート中
中古計測器情報はこちら
閲覧にあたっての注意事項
  • 新品参考価格は発売当時の価格であり、現在の価格とは異なります。
    詳細はメーカへお問合せください。また、オプション構成によっても異なります。
  • 販売・サポートは登録時のものであり、現在の状況と異なる場合がございます。
    実際の状況はメーカーにお問合せください。
  • 中古品は既に在庫が無く、ご希望に添えない場合がございます。予めご了承願います。
DR231 パネルマウント型ハイブリッドレコーダ 横河電機

商品説明

DR230は,自社開発の高耐圧半導体リレーを搭載した,信頼性 に優れたデスクトップタイプのハイブリッドレコーダです。測定 された工業量や物理量,温度信号などをリアルタイム記録しなが ら,パーソナルコンピュータへのデータ転送が可能です。
スタンドアロンタイプは,測定点数10ch~30chまでの汎用的な ハイブリッドレコーダです。
入力チャネル数の増設や変更はでき ませんが,メインユニットと入/出力部が一体型でコストパ フォーマンスに優れています。

商品スペック

>>もっと見る

■主な仕様
入力部
【入力チャネル数】 10ch~30ch。オーダ時指定。パワーモニタ入力オプション:2chまたは6ch増設可能
【測定周期】 0.5,1,2,3,4,5,6,10,12,15,20,30,60秒、最高2秒/30ch
【測定項目】 ユニバーサル(直流電圧,熱電対,測温抵抗体,接点),DCV/TC/DI専用。オーダ時指定。パワーモニタオプション。
【測定確度】 ±(0.05% of rdg + 2digits)(DC2Vレンジ,23±2゜C,55±10% RHにて)
【入力方式】 フローティング不平衡入力,チャネル間絶縁。温抵抗体入力はモジュール内共通電位。
記録部
【記録方式】 ラスタスキャン方式,10色ワイヤドット記録
【記録紙有効記録幅】 250mm(アナログトレンド時)
メモリ機能部
【メモリ媒体】 3.5型フロッピーディスクドライブ、FDへの測定値セーブの場合は,一度バッファメモリ(512kB,SRAM)に保存。
【メモリ種類】 設定値,測定値,演算値(レポート演算結果のメモリ保存は不可)
標準演算機能
【演算種類】 任意チャネル間差,リニアスケーリング,移動平均,パルス積算
電源部
【定格電源電圧】 100~240V AC(フリー電源)、12~28VDC
【使用電源電圧範囲】 90~250V AC、10~32VDC
一般仕様
【外形寸法】 約438(W)×291(H)×336(D)mm
【質量】 約13kg

オプション

  • アラーム出力モジュール(A接点10点) /A4
  • 販売時参考価格:ー
  • DT200-21、10点、A接点(NO-C)ねじ■一般仕様
    出力モード: 励磁/非励磁,保持/非保持,AND/OR切り替え可。
    再故障再アラーム;max6接点指定可
    接点容量: 250VDC/0.1A (抵抗負荷)
    30VDC/2A (抵抗負荷)
    250VAC/2A (抵抗負荷)
  • GP-IB通信(通信インタフェースの混在不可) /C1
  • 販売時参考価格:ー
  • 電気的,機械的仕様: IEEE St'd 488-1978に準拠アドレス: 0~15
  • RS-232-C通信(通信インタフェースの混在不可) /C2
  • 販売時参考価格:ー
  • 電気的,機械的仕様: EIA RS-232-Cに準拠通信方式: 半2重
    同期方式: 調歩同期式(スタート/ストップビットによる同期)
    ボーレート: 150,300,600,1200,2400,4800,9600,19200,38400 bit/s
    伝送距離: 最大15m
    コネクタ: D-sub25ピンコネクタ
  • RS-422/485通信(通信インタフェースの混在不可) /C3S
  • 販売時参考価格:ー
  • 電気的,機械的仕様: EIA RS-422-A,EIA RS-485に準拠接続方式: マルチドロップ
    アドレス;1~31
    通信方式: 半2重方式,4線式/2線式
    同期方式: 調歩同期式(スタート/ストップビットによる同期)
    ボーレート: 300,600,1200,2400,4800,9600,19200,38400 bit/s
    伝送距離: 最大1200m
    コネクタ: 6点ネジ端子
  • イーサネット通信(通信インタフェースの混在不可) /C7
  • 販売時参考価格:ー
  • 接続形式: Ethernet(10Base-T)10Base-Tモジュラ・コネクタ数: 1
    伝送速度: 10Mbps
    通信プロトコル: TCP,UDP,IP,ARP,ICMP
    入力データ: ASC II
    出力データ: ASC II,Binary
  • 内部照明 /H1
  • 販売時参考価格:ー
  • キャリングハンドル /H5
  • 販売時参考価格:ー
  • 演算機能 /M1
  • 販売時参考価格:ー
  • ■演算チャネル数DR231: 最大30ch
    DR232: 最大60ch
    ■種 類
    リモートRJC,四則演算,SQR(平方根),ABS(絶対値),LOG(常用対数),LN(自然対数),EXP(指数),統計演算(CLOG,TLOG),論理演算(AND,OR,NOT,XOR),関係演算,べき乗,前回測定値参照,ホールド,リセット
    CLOG: 同一時刻に測定したグループ内の演算処理(合計,最大,最小,平均,最大-最小)
    TLOG: あるchについて時系列の演算処理(最大24h)(合計,最大,最小,平均,最大-最小)
  • レポート演算機能 /M3
  • 販売時参考価格:ー
  • 1時間,1日または1カ月ごとに測定データの瞬時値,最大,最小,平均または合計を記録紙上に作表。レポート記録中はアナログ記録を中断。
    レポート演算チャネル数: 最大60ch
    注)レポート演算結果のフロッピーディスク内への保存は不可能。
  • パワーモニタ(単相用)、単相用-単相用の混在不可 /N7
  • 販売時参考価格:ー
  • DU400-12 単相用(電圧1ch,電流1ch) クランプ2s■一般仕様
    入力方式: トランス絶縁入力
    測定項目: 交流電圧,交流電流の実効値,有効電力,皮相電力,無効電力,周波数,
    力率,位相角から6項目を選択(選択項目の組み合わせに制限あり)
    測定レンジ(分解能):
    電 圧; 250V(0.1Vrms),25V(0.01Vrms)
    電 流; 5A(0.001Arms),0.5A(0.0001Arms)
    測定確度: ±(0.5% of span,実効電圧/電流測定時)
    測定周波数: 45~65Hz(全ch同一周波数のこと)
    クレストファクタ: 3以下
    電力積算: /M1(演算オプション)機能にて積算可能
  • パワーモニタ(3相用)、単相用-単相用の混在不可 /N8
  • 販売時参考価格:ー
  • DU400-22 3相用(電圧3ch,電流3ch) クランプ2s■一般仕様
    入力方式: トランス絶縁入力
    測定項目: 交流電圧,交流電流の実効値,有効電力,皮相電力,無効電力,周波数,
    力率,位相角から6項目を選択(選択項目の組み合わせに制限あり)
    測定レンジ(分解能):
    電 圧; 250V(0.1Vrms),25V(0.01Vrms)
    電 流; 5A(0.001Arms),0.5A(0.0001Arms)
    測定確度: ±(0.5% of span,実効電圧/電流測定時)
    測定周波数: 45~65Hz(全ch同一周波数のこと)
    クレストファクタ: 3以下
    電力積算: /M1(演算オプション)機能にて積算可能
  • DC電源駆動(AC/DC電源両用) /P6
  • 販売時参考価格:ー
  • DC電源モデル(DR231のみ指定可,AC/DC電源両用)定格電源電圧; 12~28VDC
    使用電源電圧範囲; 10~32VDC
    端子形状; 専用端子(オス)
    その他: DC電源駆動モデルで,AC電源とDC電源が同時に接続されている場合,優先的に使用される電源入力は次の通り

    ・20V以下 → AC電源入力
    ・20-28V → 不確定
    ・28-32V → DC電源入力
  • アラーム2点出力,リモート制御信号入力,フェイル/チャートエンド出力 /R1
  • 販売時参考価格:ー
  • ■アラーム接点出力出力点数: 2点
    接点モード: C接点(NO-C-NC端子)
    接点容量: アラーム接点出力モジュールと同じ
    ■フェイル出力
    機 能: システム異常検出時にフェイル出力端子を非励磁とする。
    DRスタンドアロンモデルは/R1オプションを利用。
    出力モード: C接点,励磁/非励磁の切り替え不可
    接点容量: アラーム接点出力モジュールと同じ
    ■チャートエンド出力(DR拡張タイプ)
    機能概要: レコーダの記録紙切れが検出されたとき,チャートエンド出力端子が励磁される。
    DRスタンドアロンモデルは/R1オプションを利用。
    接点モード: C接点
    励磁/非励磁の切り替えは不可
    接点容量: アラーム接点出力モジュールと同じ
    ■リモート入力
    機 能: レコーダ機能の動作制御
    記録,印字の開始/停止,起動
    チャートスピードの変更
    メモリサンプルの開始,停止
    統計演算インターバルの制御など
    入力信号: 無電圧接点またはオープンコレクタ(TTLまたはトランジスタ)

レビュー

この商品には現在レビューがありません。
レビュー投稿へのご協力をよろしくお願いいたします。

後継機種情報

その他のデータロガ

サービス紹介

・動画で学べる「計測入門講座 Isee!」を掲載開始! 視聴は こちら

・登録資料数約3万点のカタログ提供サービスをリリースしました「カタログ倉庫

・計測・測定に関する用語全般を収録した TechEyesOnline の用語集をリリースしました「計測関連用語集

・「記録計・データロガーの基礎と概要」掲載中!記事は こちら

関連記事