技術情報・レポート

2017/08/30

自動車の最先端技術計測ソリューション特集

キーサイト・テクノロジー合同会社の自動車パワー解析およびテストソリューション

キーサイト・テクノロジー合同会社TOP

キーサイトでは、HEV、EV、PHVなどのパワートレインで用いられる比較的大きな電圧を必要とするバッテリー、バッテリー管理システム(BMS)、双方向DC/DCコンバーターなどから、ボデー系の電装品を制御する比較的小電力なドライブトレインのモーター制御システム、電気モーター、片方向DC/DCコンバーターまで、その設計と評価にお役立て頂ける自動車エレクトロニクスのソリューションを豊富に取り揃えています。


【パワートレイン・コンバータ・テスト】双方向DC/DCコンバータの実動作模擬評価を実現

DC/DCコンバータの実動作イメージ

「アクセル/ブレーキの切り替え時動作を、実際の挙動と同じスピードで模擬したい(のに、今は外付けスイッチの動作速度が遅くてできてない)」
「どんどん上がる要求電圧に対応したい(のに、手持ちの電源では足りない)」
「測定系が複雑で不確定要素多い(から、より高確度で電流/電圧を測定したい)」
そんな声に応える評価系、手軽に組める電源システムソリューション、あります。

PR7900シリーズとN7900シリーズ

-実動作模擬が可能な2象限切り替え動作を実現。アクセル/ブレーキ切り替え模擬か可能。
-マイルドハイブリッドからプラグインEVまでの要求電圧を1台でカバー。
-測定器メーカーが作る電源システムだからこそ!高確度電圧計/電流計内蔵で測定不確定性を除去!


【バッテリーテスト】Li-Ion電池セルの自己放電試験時間を「数週間」から、「数時間」へ

リチウムイオン二次電池の自己放電テスト・ソリューション


Cost Quality Speed

誰も思いつかなかった革新的手法を実装
自己放電の特性を測るには時間をかけて待つしかない ― 信じ込まれてきた観念を打ち砕き、従来、数週間かかっていたテスト時間をわずか数時間にまで短縮するキーサイト特許技術と手法を、誰でも使える一般製品として具現化。開発用環境と製造用アナライザの両方を、同時に市場投入します。

スピード、コスト、品質 ― 3つの業務改善を同時に
テスト時間の大幅な短縮による納期短縮。倉庫や敷地、それらの管理を削減することによるコストダウン。自己放電現象の原因把握による品質改善。1つのテストソリューション導入が、業務改善3要素に一度に効きます。
これは、単なる測定器の検討ではありません。桁外れの効果を得るためのパラダイムシフトなのです。

乗り遅れると市場シェアを失ってしまうかも
2017年3月の市場投入後、わずか2ヶ月の間にバッテリーメーカ、組み込み機器メーカなどで100件(日本)を超えるお引き合いが発生。すでに国内外複数の大手EV自動車メーカやEV関連企業で、開発用途、製造用途、両方での導入実績もあり。
多くの市場プレイヤーと効率改善の取り組みを始めています。



執筆協力: キーサイト・テクノロジー合同会社 ホームページは こちら
キーサイト・テクノロジー合同会社の自動車関連ソリューションは こちら

タグ