「エヌエフ回路設計ブロック」の検索結果

学び情報

2022/03/30
株式会社エヌエフ回路設計ブロック(以下エヌエフ回路)は老舗の大手計測器メーカで、電子計測器、電源機器、電子デバイス、カスタム機器・応用システムをつくっている。電子計測器では周波数特性分析器や微小信号測定器というオンリーワン製品があるが、計測用電源でも国内トップクラスである。特にバイポーラ電源は数十年の歴史がありラインアップが多く、顧客の需要に応えて製品追加やモデルチェンジを行っている。最近では広帯域モデルの高速バイポーラ電源の新製品HSA42012/42014を2020年に発売している。エヌエフ回路のバイポーラ電源の歴史、新製品開発の背景、今後の展望などを具体的なアプリケーションも交えて、同社 市場開発営業部 マーケティング営業企画グループ セールススペシャリスト 佐藤公治氏とパワー事業部 開発第3部 開発第3-1グループ グループマネージャ 家本悠氏に伺った。本稿ではバイポーラ電源とは何かも簡単に解説する。
2020/07/21
LCRメータの基礎・原理を学ぶための連載解説記事です。正しく選定するためポイント・仕様の理解が進みます。 現在ユニバーサルカウンタは、エヌエフ回路設計ブロック、キーサイト・テクノロジー、日置電機などから提供されており、本連載記事はエヌエフ回路設計ブロックの協力を得て執筆した。
2020/07/07
LCRメータの基礎・原理を学ぶための連載解説記事です。正しく選定するためポイント・仕様の理解が進みます。 現在ユニバーサルカウンタは、エヌエフ回路設計ブロック、キーサイト・テクノロジー、日置電機などから提供されており、本連載記事はエヌエフ回路設計ブロックの協力を得て執筆した。
2020/06/23
LCRメータの基礎・原理を学ぶための連載解説記事です。正しく選定するためポイント・仕様の理解が進みます。 現在ユニバーサルカウンタは、エヌエフ回路設計ブロック、キーサイト・テクノロジー、日置電機などから提供されており、本連載記事はエヌエフ回路設計ブロックの協力を得て執筆した。
2018/05/15
実信号を模擬できる信号発生器についてです。 実験や試作において、実際の信号が得られない場合には、同等の信号を発生できる信号発生器を用います。以前はRC発振を使ったアナログ式が使われていましたが、最近ではD/A変換器を用いた信号発生器が主流です。

市場動向

2020/01/08
センサの重要性は高まる一方です。材料・半導体技術、IT技術が、広範な産業分野に普及していることが背景と考えられます。センサを必要とする分野が拡大すると共に、スマートフォンやIT機器、自動車のように、センサを大量に使用する用途が出現しています。スポーツ・健康・医療の分野では、バイタル (生体) 情報を得るためのセンサのニーズが高まってきました。 今回は、その際に紙面の都合上「2017年10月号 TechEyes Vol.25」で触れることができなかった、少し毛色の違うセンサ (イメージセンサ、バイタルセンサ、匂いセンサ、圧電ライン/張力センサ) について、最近の話題を報告します。また、耐久性が要求される、インフラ向けセンサデバイスのパッケージングについても触れ、同時に、クラウド、AI、ビッグデータの活用についても紹介します。
2017/11/24
株式会社エヌエフ回路設計ブロックは、1959年創業の歴史ある国内メーカで、独創技術に基づいた高性能かつ高機能な電子計測器・電源機器・電子部品・カスタム応用機器を着実に世に送り出してきました。これら製品開発における蓄積した技術をもとに、顧客の技術課題に取り組み、顧客要求にミートする製品づくりにつなげています。今回は、営業管理本部 営業管理部 マーケティング営業企画グループ グループマネージャの渡部様を訪ね、日常的にお客さまのご要望と向き合う中で、セミナーがどう生かされているのか、多彩なコースや今後の展望などをお伺いしました。

計測器

カタログ倉庫

セミナー情報

2024/05/27
EMC(電磁両立性)規格は、さまざまな方面の製品に引用され、電子機器の開発においては必須のテーマです。エヌエフが発行している最新版の技術資料「低周波のEMC」をテキストとし、「EMCの基礎」、「CEマーキングの概要」、「エミッション規格の概要」、および「イミュニティ規格の概要」の4回構成プログラムです。今回は、CEマーキングの概要について解説いたします。 2024-06-07
2024/05/27
方形波/パルス波はよく使用される基本的な波形です。実際の試験においては、パルス幅や振幅、タイミングや過渡応答など、信号をさまざまに変化させたいことがあります。今回は、標準的な出力手順や便利な設定方法など、試験や実験に役立つ機能を取り上げます。講師が実際に製品を操作しながら、アシスタントと対話する形式でご紹介します。 2024-06-27
2024/05/27
コンデンサやコイルなどの電子部品や電子材料の測定に、広く用いられるのがLCRメータです。試料を接続するだけで容易に測定できる一方で、接続方法や測定パラメタの選び方によっては、適切な値を得られない場合があります。本セミナーでは、LCRメータを用いた測定について、基本的な操作方法から、よくあるトラブルの対処までわかりやすく解説します。講師がアシスタントの質問に答えて説明し、デモして見せる形式で進めます。 2024-06-21
2024/05/27
信号発生器は、標準的な波形の出力や出力周波数・電圧の変更といった基本的な機能だけでなく、評価試験や実験において役立つさまざまな機能を備えています。その中から、知っておくと重宝する機能を取り上げ、実際に製品を操作しながら、講師とアシスタントとの対話形式でご紹介します。 2024-06-14
2024/05/24
EMC(電磁両立性)規格は、さまざまな方面の製品に引用され、電子機器の開発においては必須のテーマです。エヌエフが発行している最新版の技術資料「低周波のEMC」をテキストとし、「EMCの基礎」、「CEマーキングの概要」、「エミッション規格の概要」、および「イミュニティ規格の概要」の4回構成プログラムです。今回はEMCの基礎をわかりやすく解説します。 2024-05-31