PR記事

技術情報・レポート

2021/05/31

多チャンネルのオシロスコープ特集〜大手5社の8chモデル紹介

テレダイン・レクロイ WaveRunner 8000HDシリーズ 高分解能オシロスコープ

WaveRunner 8000HDシリーズは2GHzの広帯域と12ビットの高分解能を同時に実現し、8チャンネルの多チャンネルを実現する初めてのオシロスコープです。しかもOscilloSYNCにより2台を同期運転することで16チャンネルのシステムが簡単に構築できます。この高い性能を活用した、三相モータ/インバータ解析ソフトを標準搭載したMDA 8000HDモータ・ドライブ・アナライザも用意しています。

WaveRunner 8000HDシリーズ

広帯域2GHzと12ビットの高分解能を同時に実現

他社の機器では、帯域と分解能の間にトレードオフの関係があり、いずれかを犠牲にしなければなりませんが、常時12ビットの高分解能を2GHzの広帯域と同時に実現します。分解能向上演算(ERES)使用時には分解能は最大15ビットになります。2GHzの帯域があるため複雑な組み込みシステムのデバッグや、1000Base-T1など車載イーサネット信号評価にも対応できます。

0.5%のDCゲイン確度

95μV@1mV/div(WaveRunner 8038HD)のローノイズ設計と12ビットの高分解能で2GHzの広帯域でもDCゲイン確度0.5%を実現し、高精度の測定を補償します。

5Gポイントの超ロングメモリ

最大で5Gポイントの業界最高のロングメモリを実現しました。10GS/sの最高サンプリング速度で、500msの長時間の波形捕捉が可能です。時間軸設定や拡大表示の操作が簡単にできます。

2台同期で16チャンネル

OscilloSync(WR8KHD-16CH-SYNCH) を使えば、あたかも単一の機器のように16チャンネルのアナログ信号を1つの画面に表示できます。設定は簡単で、迷わずにすぐ使えます。

2台同期で16チャンネル

対応アプリケーションの例

  • 高速組み込みコンピュータ・システム
  • 三相モータ/インバータ
  • パワー・インテグリティ試験
  • 車載システム
三相パワー解析

モデルの主な仕様

モデル名 WaveRunner 8038HD WaveRunner 8058HD WaveRunner 8108HD WaveRunner 8208HD
帯域 350MHz 500MHz 1GHz 2GHz
ch数 8ch
サンプリング速度 5GS/s(~10GS/s、エンハンスド・サンプリング時)
標準メモリ 50Mポイント/ch(200Mポイント@2ch)
垂直分解能 12ビット(分解能向上演算(ERES)使用時に最大15ビット)

モータ・ドライブ・アナライザ

モータ・ドライブの入力から機械的出力までの数値的な三相解析結果の表示と、波形によるパワー解析を提供します。多様なセンサーに対応し、モータの速度、角度、トルクなどの機械情報を読み取れます。ロングメモリを使ったサイクルごとのパラメータ値の時間変動グラフとZoom+Gateモードを使うと、モータやモータ・ドライブの動的解析が行えます。モータ・ドライブのパワーエレクトロニクス部の解析、モータの機械的性能評価、組込みコントローラ動作検証を含む全てを網羅するシステムのデバッグを可能にします。

モータ・ドライブ・アナライザ
モデル名 MDA800A(限定供給品) MDA 8000HD
外観 MDA800A(限定供給品) MDA 8000HD
帯域 350MHz〜1GHz 350MHz〜2GHz
チャネル数 8ch

WaveRunner 8000HDシリーズの製品カタログは こちら

執筆協力・コンテンツ提供: テレダイン・ジャパン株式会社のホームページは こちら