計測器

結露サイクル試験装置

エスペック DCTH-101-A

基本情報

販売開始
販売状況
販売中
販売時参考価格
サポート状況
サポート終了
中古品情報
お問合わせ
閲覧にあたっての注意事項
  • 新品参考価格は発売当時の価格であり、現在の価格とは異なります。
    詳細はメーカへお問合せください。また、オプション構成によっても異なります。
  • 販売・サポートは登録時のものであり、現在の状況と異なる場合がございます。
    実際の状況はメーカーにお問合せください。
  • 中古品は既に在庫が無く、ご希望に添えない場合がございます。予めご了承願います。
DCTH-101-A 結露サイクル試験装置 エスペック

商品説明

多機能化,エレクトロニクス化が進む自動車では、自動車機能安全規格「ISO26262」、基本安全規格「IEC61508」を代表とする機能安全への取り組みが必要とされ、車載機器の高信頼性の要求により多様な環境ストレスを負荷できる試験装置が必須となっています。

タブレットパソコンやスマートフォン・携帯電話などのモバイル機器やエレクトロニクス化が進む自動車用電子部品(例えば、ハーネス、ECU、PCU)などは、室外~室内などの移動にともなって急激な温度変化にさらされます。この様な温度変化では結露が発生する可能性があります。結露は電子機器の性能・機能に大きな影響を及ぼし、腐食やマイグレーションが誤作動などの原因になります。その為、結露/乾燥を繰り返す結露サイクル試験の要求が高まっています。

結露に対する信頼性評価を短時間に

高精度な温湿度制御により、結露/乾燥状態を正確に繰り返し再現し、サイクル試験が行え、結露時間も調節ができます。最大40パターンのプログラム運転ができるほか、試験状態をモニタリングして画面にグラフィック表示できるコントローラパネルを装備。デフロスト機能によりロスタイムをなくして連続運転が可能。

結露サイクル試験は、当初は結露の再現性を主眼(「低温低湿」⇔「高温高湿」の繰り返しサイクル)として開始されていました。現在では、車載電装部品が遭遇する凍結状態を含んだ温湿度サイクルが要求される機会が増えており、それに対応しています。

商品スペック

>>もっと見る

【さらし温湿度範囲】高温側:-10~+100℃ / 50~95%rh、低温側:-30~+100℃ / 40~85%rh
【テストエリア/外法(mm)】W650×H460×D370 / W1480×H1865×D900

関連資料ダウンロード

会員登録 (無料) が必要です

関連資料のダウンロードは会員限定です。
関連資料をダウンロードいただくには会員登録が必要です。

レビュー

この商品には現在レビューがありません。
レビュー投稿へのご協力をよろしくお願いいたします。

その他の環境試験器

サービス紹介

・動画で学べる「計測入門講座 Isee!」を掲載開始! 視聴は こちら

・登録資料数約3万点のカタログ提供サービスをリリースしました「カタログ倉庫

関連記事