カタログ倉庫

[データシート] N5392A イーサネット電気的特性検証 / コンフォーマンス・テスト・ソフトウェア (Infiniium オシロスコープ用) N5395B イーサネット・コンフォーマンス・テスト…

Ethernet Compliance Test Fixture

商品紹介

N5392A Version 02.00より、1000Base-T試験において以下の測定項目が追加された。
これらは、IEEE802.3.2005の40.6 PMA electrical Specificationに、規格化されている。
1000 Base-T
・ Added the TestMode1 tests with disturbing signal.
・Added the TestMode4 tests with disturbing signal.

これらは、具体的には、Function Generator(2台)からの妨害波形を印加した状態で試験を行うもの。
そのため、妨害波形を入力するため、妨害波形の入力が加わったので、治具もN5395Aから、妨害波用の入力端子を備えたN5395Bに変更になった。
治具には、更に、35MHzのFilterを実装しており、Function Generatorからの出力信号の高調波を規格で定められた-40dBc以下に減衰させて試験させることができる。
なお、残念ながら、Aバージョンの治具では、上記試験を行うことはできない。
ただ、Bバージョンの治具では、Disturbing signalの試験ができる機能は加わったが、元々あるテストの部分に関しては、Aバージョンの治具でも試験することができる。
Disturbing signalの試験をしない場合には、Ethernetソフトウェアを立ち上げ後、Setupタブで、”Using Disturbing signal”のチェックを外す。
Ethernetの試験に関しては、特にコンプライアンスという認証が存在することはないので、ユーザにて、試験内容を決めることがが一般的。
なお、disturbing signal試験を実施する場合には、Bバージョンの治具(N5395B)とファンクションジェネレーター2台が必要になる。
この計測器の詳細情報を見る
プレミアム会員(無料)とメルマガ購読の登録が必要です。

カタログをダウンロードいただくには
プレミアム会員(無料)とメルマガ購読の登録が必要です。
【プレミアム会員の方】 ログイン後、プロフィール編集画面よりメルマガ購読欄を
「購読する」に変更をお願いします。
【一般会員の方】 ログイン後、プレミアム会員への移行&メルマガ購読の
手続きをお願いします。
【非会員の方】 プレミアム会員への登録&メルマガ購読の手続きをお願いします。

計測器中古市