カタログ倉庫

[データシート] 8160xA Family of Tunable Laser Sources

波長可変レーザー光源、低SSE、バリューライン

商品紹介

キーサイトの新しい8160xA波長可変レーザー光源は、共通のキャビティー/レーザーモジュールのデザインをベースにしています。 また、線幅が狭く、自然放射光レベルも低いため、Keysight N774xAパワーメータまたはKeysight 816xxxパワー・メータ・モジュールと組み合わせて使用することにより、阻止帯域と通過帯域の両帯域のスペクトラム損失を測定できます。 ガスセルおよび自己調整機能を内蔵しているため、長期安定度に優れ、維持コストを最小限に抑えることができます。 8160xAシリーズのバリューライン・モデルとベーシックライン・モデルでは、出力パワー、波長チューニングモード/速度、波長確度/再現性に応じたコストパフォーマンスの高いオプションもご用意しています。81607Aバリューライン波長可変レーザー光源モジュールは、トップライン・モデルの81606Aを補完する、中程度の出力パワーのモジュールです。 最高200 nm/sの双方向掃引で±1 pm(代表値)の波長再現性を実現し、パッシブ光コンポーネントの高スループットテストおよび自動調整に最適です。 また、新しいデザインのキャビティー/レーザーモジュールにより75 dB/nmの信号対SSE比を実現し、要求の厳しい光コンポーネントのアイソレーションを広範囲にわたって測定できます。
81607A波長可変レーザー光源は、N7700Aフォトニック・アプリケーション・スイート・ソフトウェアによってサポートされ、パワーメータや偏波測定器と組み合わせて使用することにより、挿入損失、偏波依存損失/分散のスペクトラム測定に対応します。 このため、最適な波長掃引確度とダイナミックレンジが得られます。
この計測器の詳細情報を見る
プレミアム会員登録 (無料) が必要です

カタログをダウンロードいただくにはプレミアム会員登録が必要です。

第4回計測器中古市