TechEyes

2021/08/30

自動車の基本~サスペンションの技術

自動車サスペンションの生い立ちは滑らかでない道路を快適に走るため、車体に取り付けられた部品です。サスペンション (suspension) の直訳は「ぶらさげる」ですので、車体に車輪をつなげる部品と言えます。また、自動車の三大機能「走る、曲がる、止まる」に直接関与する部品でもあり、車両の安定化を図る重要な機能です。また、近年、電子制御によるサスペンションも採用されています。 本稿では、サスペンションの歴史、構造の分類と機能の概要を述べます。独立懸架と車軸懸架の違い、ダブルウィッシュボーン式やマクファーソン・ストラット式などの各種形式の概要、トー角やキャンバ角などのタイヤ角度を図解して説明します。さらに、アクティブサスペンションやショックアブソーバ制御などの電子制御技術も解説します。最後にサスペンション開発で使われる計測器を紹介します。