技術情報・レポート

2018/01/11

「ISO/IEC 17025:2005」 規格の改訂の現状と動向 (第6回)

<連載目次>

第1回:ISO/IEC 17025:2005 が求められる背景

第2回:ISO/IEC 17025:2005取得のメリット、グローバルな相互承認体制

第3回:日本工業規格のJIS Q 17025:2005とは

第4回:ISO/IEC 17025:2005の要求事項の概要

第5回:ISO/IEC 17025:2005 規格の改訂周期

第7回:ISO/IEC 17025:2005 改定の提案理由

第8回:ISO 共通規格構造のルールが適用された改定

ISO/IEC 規格の制定・改訂手順の詳細

ISO/IEC 規格は通常、次の6つの段階を踏んで作成されます。新作業項目の提案が承認された後、36ヶ月以内に国際規格の最終案がまとめられることとなっています。

  1. 新業務項目の提案(NP)
    • 各国加盟機関、TC(Technical Committee:専門委員会)/SC(Subcommittee:分科委員会)の幹事などが新たな規格の策定、現行規格の改定を提案
    • 中央事務局は各国に提案に賛成か反対かを3ヶ月以内に投票するよう依頼。
    • 投票結果が次を満たす時に提案は承認
    • 投票したTC/SCのP(Project Member:積極的参加)メンバーの単純過半数が賛成すること
    • Pメンバーが16人以下のTC/SCでは4人以上、17人以上のTC/SCでは5人以上の投票に賛成したPメンバーが審議に参加すること
    • 注1)NP(新業務項目提案)投票とCDV(Committee for Draft Voting:投票用委員会原案)投票の同時回付
会員登録 (無料) が必要です

この記事は会員限定です。
続きをお読みいただくには会員登録が必要です。