技術情報・レポート

2017/11/07

「ISO/IEC 17025:2005」 規格の改訂の現状と動向 (第4回)

<連載目次>

第1回:ISO/IEC 17025:2005 が求められる背景

第2回:ISO/IEC 17025:2005取得のメリット、グローバルな相互承認体制

第3回:日本工業規格のJIS Q 17025:2005とは

第5回:ISO/IEC 17025:2005 規格の改訂周期

第6回:ISO/IEC規格の制定・改訂手順の詳細

第7回:ISO/IEC 17025:2005 改定の提案理由

第8回:ISO 共通規格構造のルールが適用された改定

ISO/IEC 17025:2005の要求事項の概要

ISO/IEC 17025:2005 の認定を取得するにあたり、ISO/IEC 17025:2005 の要求事項に沿ったマネジメントシステムの構築と、技術的要求事項への対応が必要になります。要求事項は大きく分けて下記のとおり2つあります。

  1. 管理上の要求事項(規格の4項)
    試験所及び校正機関の試験、校正サービスに該当するISO 9001の要求事項を取り入れた内容。

  2. 技術的要求事項(規格の5項)
    試験・校正方法及び方法の妥当性確認、国際単位系(SI)への測定のトレーサビリティの要求事項を取り入れた構築、さらに、測定の不確かさを推定するために必要な施設、環境条件の確認などを「GUM 測定における不確かさの表現のガイド」に基づいて要求の構築と「技能試験」への参加。

会員登録 (無料) が必要です

この記事は会員限定です。
続きをお読みいただくには会員登録が必要です。