技術情報・レポート

2020/08/31

波形観測の基本に忠実なTBS1000C~新しいエントリークラスのオシロスコープ

テクトロニクスは2012年に教育、個人(電子工作など)、産業に向けて25MHz~150MHz帯域の安価な2チャンネルオシロスコープTBS1000シリーズを発売した。その後2013年には4チャンネルモデルが登場し、2014年に性能を向上させた2チャンネルのTBS1000Bシリーズ、教育用途向けのTBS1000B-EDUシリーズとなった。このたび(2020年8月4日)発売された2チャンネルのTBS1000Cシリーズは主にTBS1000B-EDUシリーズのターゲット、コンセプト、価格帯を継承しながら、アナログ性能の向上などの改善が行われている。

性能が向上したエントリークラスのTBS1000Cシリーズ

性能が向上したエントリークラスのTBS1000Cシリーズ

電気信号の波形観測を重視した設計

教育現場、個人、産業分野では受動プローブを使った電気信号の観測が主に行われる。また、オシロスコープに取り込んだ波形をそのまま観測することがほとんどである。このためオシロスコープのユーザが求めることは、使いやすく正確な波形観測ができることである。ユーザにとってTBS1000Cシリーズの最大の改善点はアナログ特性を向上させたことである。従来のTBS1000Bシリーズに比べてノイズレベルを低くして、より鮮明に波形を観測できるようにした。

フロントエンド回路が改善されて低ノイズ化を実現

フロントエンド回路が改善されて低ノイズ化を実現

ユーザインタフェースや主な機能は2020年4月に発売された上位機種のTBS2000Bシリーズと同じコンセプトで作られている。TBS1000BシリーズとTBS1000Cシリーズの主な仕様比較を以下に示す。

TBS1000Bシリーズ TBS1000Cシリーズ
TBS1052B TBS1072B TBS1102B TBS1152B TBS1202B TBS1052C TBS1072C TBS1102C TBS1202C
入力チャネル数 2チャンネル 2チャンネル
周波数帯域 50MHz 70MHz 100MHz 150MHz 200MHz 50MHz​ 70MHz ​100MHz​ 200MHz​
最高サンプル・レート 1.0GS/s 2.0GS/s 1GS/s
入力感度レンジ 2mV~5V/div 1mV/div~10V/div
入力インピーダンス 1MΩ(20pF) 1MΩ​±2%(14pF±2pF)
時間軸レンジ 2.5ns~50s/div 2ns/div~100s/div
時間軸確度 50ppm 20ppm
レコード長 2.5kポイント 20kポイント

テクトロニクスはエントリー市場を強化

次世代の技術者である学生が最初に使うオシロスコープは将来のオシロスコープの選定に大きく影響する。このため豊富なオシロスコープのラインアップを持つテクトロニクスはエントリー分野を重視している。テクトロニクスではエントリークラスのオシロスコープにTBS1000シリーズとTBS2000シリーズがある。この2つの製品の大きな違いはプローブインタフェースのTekVPI(Tektronix Versatile Probe Interface)の有無である。上位機種のTBS2000Bシリーズは標準の受動プローブ以外に高電圧差動プローブや電流プローブなど、電源を必要とするプローブを利用することを前提に作られている。そのほかの入力チャンネル数やレコード長にも違いがある。

TBS1000Cシリーズ TBS2000Bシリーズ
TBS1052C TBS1072C TBS1102C TBS1202C TBS2072B TBS2102B TBS2202B TBS2074B TBS2104B TBS2204B
入力チャネル数 2チャネル 2チャネル 4チャネル
周波数帯域 50MHz​ 70MHz ​100MHz​ 200MHz​ 70MHz ​100MHz​ 200MHz​ 70MHz ​100MHz​ 200MHz​
最高サンプル・レート 1GS/s 2GS/s(ハーフ・チャンネル)
1GS/s(全チャンネル)
入力感度レンジ 1mV/div~10V/div 2mV/div~5V/div
入力インピーダンス 1MΩ​±2%(14pF±2pF) 1MΩ±1%(13pF±1.5 pF)
プローブ・インタフェース 対応せず TekVPI
時間軸レンジ 2ns/div~100s/div TBS220x 型:1ns/div~100s/div
TBS207x 型、TBS210x 型:2ns/div~100s/div
時間軸確度 20ppm 1ms 以上の任意の間隔において±25ppm
レコード長 20kポイント 5Mポイント
波形自動測定 32種 32 種
波形演算 波形の加算、減算、乗算、FFT 波形の加算、減算、乗算、FFT

教育の現場で使われるTBS1000CシリーズとTBS200Bシリーズにはオシロスコープを使って実習を行う際に必要な情報をオシロスコープの画面に表示する機能がある。そのほかにもオシロスコープ入門書をオシロスコープの画面で読むことができるようになっている。

教育で使うための機能が搭載されている

教育で使うための機能が搭載されている

個人で電子工作を楽しむ人にとってはTBS1000Cシリーズが5万円台から購入できるのは魅力的である。産業分野ではコンパクトなオシロスコープは測定を行う現場まで技術者が持参することがあるので、キャリングケースも用意されている。

TBS1000Cシリーズを運ぶために用意されているキャリングケース(AC2100型)

TBS1000Cシリーズを運ぶために用意されているキャリングケース(AC2100型)

おわりに

TBS1000Cシリーズは教育から産業まで幅広い領域をカバーするエントリークラスのオシロスコープである。波形を正確に観測するという基本的な性能を改善したことは高く評価できる。教育現場ではオシロスコープ以外のデジタルマルチメータ、ファンクションジェネレータ、カウンタなどの測定器が数多く使われている。エントリー市場での今後のテクトロニクス新製品に注目していきたい。

その他のテクトロニクスの記事は こちら

TBS1000Cの製品詳細は こちら

TBS1000Cのご購入は 姉妹サイト「速納.com」

取材協力:

テクトロニクスのホームページは こちらから