セミナー情報

2023/02/02

今日から始めるゲノム編集 (CRISPR / Cas9) ハンズオントレーニング (1日半コース) / サーモフィッシャーサイエンティフィック

主催会社 サーモフィッシャーサイエンティフィック
イベント名 今日から始めるゲノム編集(CRISPR/Cas9) ハンズオントレーニング(1日半コース)
開催日時 1日目:2023年2月2日 13:00 ~ 17:30
2日目:2023年2月3日 9:30 ~ 17:30
会場 ライフテクノロジーズジャパン株式会社
東京都港区芝浦四丁目2番8号 住友不動産三田ツインビル東館(受付3F)

地図はこちら
参加費 110,000円(税込)
定員 6名様まで
対象 ・これからCRISPR / Cas9システムを用いてゲノム編集を始めたい方 他
内容 近年、CRISPR/Cas9システムなどの人工ヌクレアーゼを用いたゲノム編集技術が多くの研究者の方に使用されるようになりました。これらの技術を用いることで目的の遺伝子のノックアウトや特定の配列をノックインすることが非常に簡単に行うことができます。本ハンズオントレーニングではこれからゲノム編集を行う方、特にCRISPR/Cas9システムを用いた実験を行う方を対象としたトレーニングになります。実習では、CRISPR/Cas9の発現ベクターを培養細胞に導入するノックアウト系、および標的配列mRNAを転写したmRNAを導入する2種類の実験を行う予定で、ベクター構築から導入までの手技を修得します。2日目にはゲノムへの変異の導入確認として、ゲノム編集に依存する配列の有無をPCRで確認する手技(GeneArt Genomic Cleavage Detection kit)を実施して、導入やゲノム編集の確認をします。基礎的な原理や実際の実験手法のコツを1日半の講習で余すところなくご紹介しますので、これからゲノム編集を始めたい方や興味のある方に最適なトレーニングコースです。

【トレーニング内容】

<講義>
  1. gRNAのデザイン方法
  2. gRNA T7 in vitro転写
  3. CRISPR/Cas9 発現vectorのトランスフェクション
  4. gRNAとCas9 proteinのトランスフェクション
  5. ゲノム編集効率(indel%)の算出(Geneart Genomic Cleavage Detection kit)

<実習>
  1. ゲノム編集概要
  2. CRISPR/Cas9システムとTALsの特徴
  3. CRISPR/Cas9の標的配列のデザイン方法
  4. CRISPR/Cas9システムの詳しい実験フロー
  5. ゲノム修飾の確認方法
  6. ノックインの方法、オフターゲット効果 など
主催者の申込みページ こちら⇒https://www.thermofisher.com/jp/ja/home/technical-resources/trainings/crispr.html?CID=jp-ts-techeyseonline
その他 【お申込み方法】
  • セミナー・ハンズオントレーニングでは専用サイトへの会員登録が必要となります。
  • アカウントをお持ちでない方は会員登録フォームより新規登録を行っていただき、その後IDとパスワードでログインして会員専用サイトからご希望のセミナーをお選びください。
  • 既にアカウントをお持ちの方は「お申し込み」ボタンをクリックして会員専用サイトにログインしてご希望のセミナーをお選びください。
【お問合せ先】
  • Email : jptech@thermofisher.com
  • TEL : 0120-477-392(土日祝除く、9:00~17:30)


タグ