セミナー情報・動画

2019/06/04

【展示会レポート】OPIE’19(レーザーEXPO)Part2 装置

 TechEyesOnline取材班(TEO)は2019年4月24日(水)~26日(金)にパシフィコ横浜 A/Bホールで開催されたOPIE’19(OPTICS&PHOTONICS International Exhibition 2019)展示会場を回りました。光関係の国際会議(OPIC)と連動しているため、国内最大規模の光関連展示会です。レーザや赤外・紫外応用製品、レンズなど世界の光学機器が一堂に会し、新年度の研究開発・設計に役立つ情報収集、光業界の動向調査の場として広く認識されています。  展示会は6展の同時開催ですが、最も大きな「レーザーEXPO」をメインにPart1 計測器、Part2 装置に分けて紹介します。Part2は「レーザーEXPO」から、フジクラの展示会初公開、高出力加工用シングルモードファイバレーザを、サンエストレーディングブースからはオプトハブ製のポータブルBERTを、また光ビームを使い既存の無線給電より小型・長距離を可能にする、東京工業大学の光無線給電の研究成果を取材しました。

Part1(別稿に掲載)
❶ 富士フイルム株式会社 ❷ 日置電機株式会社 ❸ シナジーオプトシステムズ株式会社


❹ 株式会社フジクラ ❺ 株式会社サンエストレーディング、株式会社オプトハブ ❻ 国立大学法人 東京工業大学


SRSを抑制し、安定した高出力

ロゴ

製品名: 5 kWシングルモードファイバレーザ
会社名: 株式会社フジクラ
説明者: 執行役員 光応用技術R&Dセンター センター長 田中 大一郎 氏
レーザフォトニクス研究部 主席研究員 川田 義高 氏


会員登録 (無料) が必要です

この記事は会員限定です。
続きをお読みいただくには会員登録が必要です。