セミナー情報・動画

2017/08/30

計測セミナー|実践技術トレーニング|EMC理論と実習 Ver.2


概要

高周波の基礎を習得している方に、EMCの基礎から対策までを学んでいただく実践的なコースです。
講義+実習により、電磁障害発生のメカニズムや、対策の考え方を学ぶことにより、的確なEMC対策ができるようになります。
※本コースと合わせて、別コース「スペクトラムアナライザの基礎+実習 Ver.2」及び「高周波計測_基礎編」の受講をお奨めしています。

トレーニング内容

EMCコース04 DCモータを実習課題にして、ノイズ対策に取組みます
電子機器が動作時に発生する電磁波による機器の誤動作や電磁環境の悪化といった障害を防止するために、 世界各国でEMC規制が実施されており、EMC対策は製品開発の中で大きな負荷となっています。
本コースでは、EMCを取り扱うための基礎理論から説き起こして、演習や実習によって理解を深めます。
磁界プローブによるノイズ探査の実習では、計測器で波形観測をして、放射電磁界について学びます。
近年、自動車の電子化などでノイズ評価が課題になっていますが、DCモータのノイズ測定の実習では、 測定だけでなくノイズ対策に取り組んでいただきます。

 ・EMCとは
 ・EMCを取り扱うための基礎理論-1,-2
 ・実習 放射観測
 ・EMI抑制のポイント
 ・小型磁界プローブの利用法
 ・実習 磁界プローブによるノイズ探査
 ・実習 DCモータのノイズ測定 (Ver.2 から追加された実習です)


                      
対象者 EMCに関わる方
前提知識 高周波の基礎知識を持ち、スペクトラムアナライザの操作ができる方
実習教材 スペクトラムアナライザ:Keysight N9000シリーズ
近磁界プローブ:森田テック株式会社 VF020
実習用ターゲット(放射観測、DCモータのノイズ測定と対策)
定員 8名
テキスト オリジナル・テキスト(理論編と実習編の2冊)をご用意します
実施時間 10:00~17:00 (6時間×2日間、昼休み: 1時間)
受講料 100,000円/受講者 (外税)
実施予定 実施スケジュール ⇒ こちら


EMCコース01 【テキスト例】放射電磁界の波動インピーダンスを習得します


EMCコース02 【テキスト例】パッチアンテナの共振パターンを理解します


EMCコース03 磁界プローブで放射観測した結果を考察します

カタログ

個別カタログ(PDFファイルpdf) ⇒ こちら