セミナー情報・動画

2017/08/30

計測セミナー|実践技術トレーニング|高周波計測_基礎編


概要

高周波・マイクロ波の計測では、必須の基礎事項を理解することにより、的確な高周波測定ができるようになります。
“基礎編”では、集中定数回路と分布定数回路の違いを知り、反射やインピーダンス整合とは何かを理解できるようになります。
※本コースと合わせて、別コース「スペクトラムアナライザの基礎+実習」及び「インピーダンス測定の基礎+実習」の受講をお奨めしています。

トレーニング内容

高周波基礎04 定在波測定装置で実習します
1)インピーダンスの定義
-1. 信号の複素数とベクトル
-2. オームの法則とインピーダンス
-3. 分布定数回路
-4. 伝送線路
2)高周波回路における基本量の取扱い
-1. インピーダンスから反射係数へ
-2. 定在波と電圧定在波比
-3. 電圧・電流から電力へ
-4. 周波数から位相へ
3)単位 dBとdBm・dBμ
4)実習
-1. 定在波の測定
-2. インピーダンス不整合の測定


                      
対象者 これから高周波を学ぼうとされる方
高周波、マイクロ波と仕事上関わりがあり、高周波測定での問題点が良く理解できていない方
前提知識 電気の基礎知識がある方
実習教材 スペクトラムアナライザ:Keysight または Anritsu
標準信号発生器:Keysight
定在波観察装置
定員 8名
テキスト オリジナル・テキストをご用意します
実施時間 10:00~16:00 (5時間、昼休み: 1時間)
受講料 50,000円/受講者 (外税)
実施予定 実施スケジュール ⇒ こちら


高周波基礎01 【テキスト例】まずは、高周波の基礎を振り返ります


高周波基礎02 【テキスト例】伝送線路と特性インピーダンスについて習得します


高周波基礎03 【テキスト例】定在波と電圧定在波比について理解を深めます

カタログ

個別カタログ(PDFファイルpdf) ⇒ こちら

タグ