「ADAS」の検索結果

市場動向

2023/06/30
この記事は、2020年11月に公開した「車載ネットワークの歴史と規格概要~CANからLIN、FlexRay、CAN FDまで」を改版したものです。 今や、車両に搭載されているほとんどのECUに通信手段が搭載されています。2輪車でも中型大型車で採用が進んでいます。本稿では通信手段の中でも、日本や欧米で生産されている車両のほとんどに適用されている通信プロトコルCANを主に、導入されてきた経緯や現状について概説します。 始めに車両内ネットワークが導入された背景や歴史を述べてから、CAN規格の概要を説明します。CAN以外にLIN、FlexRay、CAN FDという現在導入されている主要な規格が生まれた理由や、特長、使用されるアプリケーションなども解説します。最後に今後の規格の動向と、評価用測定器の代表例を紹介します。
2022/11/28
クルマの印象を与える要素の一つとして、車体の塗装があると言えます。塗装とは素材の表面を処理する手法です。自動車においては、美観を良くするだけでなく、錆びや腐食の防止、撥水性などの機能を与えます。本稿では、塗装に関する歴史、市場に始まり、関連技術を概説します。顔料、架橋反応、自己修復塗料、フィルム加飾などの技術や、自動運転に対応する塗料についても述べます。前工程から検査までの塗装工程や、世界の車体の売れ筋の色、関連法令、業界団体にふれます。最後に塗装技術に関連した計測器を紹介します。なお、表面を処理する技術には自動車の部品でも適用されているメッキはありますが、表面を処理する技術の一部としての記述に留めています。改めて、別の機会で紹介します。
2022/08/09
自動車技術会が主催する「人とくるまのテクノロジー展 2022 横浜」(Automotive Engineering Exposition)が、3年ぶりのリアル展示会として2022年5月にパシフィコ横浜で開催されました。テスティングのコーナには約130社が出展し、計測器/分析機器50社の中からTEO取材班は3社を取材しました。まずICEやプロトコルアナライザで実績のあるガイロジックが展示する、Technica Engineering社の車載ネットワーク機器。車載Ethernet100/1000BASE-T1の最新テストツール。次は自動車向け組込みシステム開発で知られるイータスが提案する、SDV開発ツールチェーン。CASEの先にある将来の自動車アプリケーションの開発環境につながる話です。最後は自動運転で脚光を浴びるRACELOGIC社のGPSデータロガー。超高感度RTK GPSシステムを搭載した7月発売の新製品について、VBOX JAPNで話を伺いました。

計測器

カタログ倉庫