業界ニュース

2020/03/26

室内光で世界最高クラスの発電効率、東洋紡が有機薄膜太陽電池セルを開発

東洋紡が開発中の有機薄膜太陽電池用の発電材料を利用し、薄暗い室内で世界最高レベルの変換効率を実現する太陽電池セルの開発に成功。まずは温湿度センサーや人感センサーなどのワイヤレス電源用途で、2022 年度中の採用を目指す方針だ。 [続きを読む]
提供元 : スマートジャパン

おすすめの記事

タグ