業界ニュース

2024/07/10

生きた皮膚を持つロボットの顔を開発

東京大学は、培養皮膚組織を人工物へスムーズに固定するアンカリング手法を開発し、細胞由来の生きた皮膚を持つ顔型のロボットを作製した。ソフトロボットの開発や美容、医療分野での応用が期待される。 [続きを読む]
提供元 : MONOist

おすすめの記事

速納.com