業界ニュース

2024/05/15

正診率約 82% の早期胃がん深達度 AI 診断支援システムを発表

両備システムズと岡山大学は、内視鏡検査の画像を元に AI を用いて早期胃がんの深達度を判定する「早期胃がん深達度 AI 診断支援システム」を開発した。深達度を正診率約 82% で判定し、医師の診断を補助する。 [続きを読む]
提供元 : MONOist

おすすめの記事

速納.com