業界ニュース

2022/01/13

工場のリモート対応は 2022 年も加速、映像活用拡大もネットワーク環境が課題に

新型コロナウイルス感染症 (COVID-19) 以降、多くの業務のリモート化が進められてきたが、これまで「現地現物現実」が基本として徹底されてきた製造現場でも部分的にリモート対応を取り入れる動きが広がってきた。2022 年はこうした仕組みの整備が進み、さらにより広く取り入れられる見込みだ。 [続きを読む]
提供元 : MONOist

おすすめの記事

速納.com