業界ニュース

2021/06/11

「世界最高の解像度」を持つ「世界最小」の LiDAR につながる東芝の新技術

東芝は 2021 年 6 月 11 日、ソリッドステート式 LiDAR の小型化と高解像度化につながる受光技術と実装技術を新たに開発したと発表した。2020 年 7 月に同社が発表した「シリコンフォトマルチプライヤー (SiPM)」のさらなる感度向上と小型化を通じて、容積は 350cc で解像度は 1200 × 84 画素、画角は 24 × 12 度の LiDAR が開発可能になった。 [続きを読む]
提供元 : MONOist

おすすめの記事

速納.com 1周年記念キャンペーン