業界ニュース

2020/11/19

アレルギー性皮膚炎の新しい発症制御メカニズムを発見

東北大学は、アレルギー性皮膚炎の発症制御に脂肪酸結合タンパク質 3 型が重要な役割を果たしていることを明らかにした。妊娠期の母体における脂質栄養摂取が、子のアレルギー性疾患発症の可能性に関与することが示唆された。 [続きを読む]
提供元 : MONOist

おすすめの記事

速納.com