業界ニュース

2020/06/30

コンパクトブレーカ販売 20 周年、成長続くパナソニックの電路事業のモノづくり

新築住宅着工件数が減少傾向にあり、国内の住宅設備関連市場は厳しい状況が続いている。そうした中でパナソニックの住宅盤、電設盤、ブレーカなどの電路事業は、直近 10 年間でシェアを 10% 伸ばし、市場の半分を占めるまでに拡大した。2019 年度に約 450 億円を記録した販売額を 2030 年度には 1.8 倍の 800 億円前後に引き上げる方針だ。 [続きを読む]
提供元 : MONOist

おすすめの記事

タグ