業界ニュース

2020/05/22

細菌やウイルスへの感染を防ぐ酵素の制御機構を解明、新規治療ターゲットに

京都大学は 2020 年 5 月 15 日、免疫応答や細胞死制御に加え、感染防御に重要な役割を果たす複合体ユビキチンリガーゼ (LUBAC) の新規活性制御機構を明らかにしたと発表した。 [続きを読む]
提供元 : MONOist

おすすめの記事

タグ