業界ニュース

2020/01/15

サンタクロースが感染症の場合、流行規模がどれだけ拡大するのかを解析

京都大学は、差分方程式を用いた数理モデルにより、サンタクロースがクリスマスイブに感染症にかかっていた場合の被害を解析した。例えばインフルエンザでは、流行規模が 12% 増大することが分かった。 [続きを読む]
提供元 : MONOist

おすすめの記事

タグ