業界ニュース

2019/11/08

ガラス製マイクロ化学チップを安価に量産、パナソニックがレンズ生産技術を応用

パナソニックとマイクロ科学技研は、環境センシングや血液検査、製薬用装置などに用いられているガラス製のマイクロ化学チップをガラスモールド工法で量産する技術を共同開発した。従来のフォトリソグラフィーとエッチングによる工法と比べて、大量生産が可能になるとともに、約 10 分の 1 の低コスト化、約 10 倍の高精度化も実現できるという。 [続きを読む]
提供元 : MONOist

おすすめの記事

タグ