業界ニュース

2019/06/11

インフルエンザウイルス感染時の解熱の必要性を細胞レベルで証明

東北大学は、インフルエンザウイルス感染時の発熱に相当する、39 ~ 40 ℃の高温下における呼吸器細胞の生存率を研究。感染時の治療において、解熱の必要性があると細胞レベルで証明した。 [続きを読む]
提供元 : MONOist

おすすめの記事

タグ