業界ニュース

2018/12/07

教示作業なしで不良品データを高精度に分類する深層学習技術を開発

東芝は、事前の教示作業なしで不良品データを高精度に分類できる深層学習「深層クラスタリング技術」を開発した。従来技術に独自の学習基準を導入して、少量の不良品データ群が他の良品データに混入するのを抑制し、分類制度を 98.4% に高めた。 [続きを読む]
提供元 : MONOist

おすすめの記事

タグ