業界ニュース

2021/10/13

明暗の錯視を模倣、人工視覚イオニクス素子を開発

物質・材料研究機構 (NIMS) は、人間の網膜神経細胞をまねた「人工視覚イオニクス素子」を開発した。この素子は、人間の目のように明暗の境界付近が強調される錯視を模倣できることを初めて実証した。 [続きを読む]
提供元 : EE Times Japan

おすすめの記事

速納.com