業界ニュース

2021/07/20

半導体市場、2024 年には過剰供給に陥るリスクも

TSMC のチェアマンである Mark Liu 氏は、米放送局 CBS のジャーナリストである Leslie Stahl 氏の取材に対し、「世界的な半導体不足は、2022 年も続くだろう」と述べた。Liu 氏のこのコメントから、「需要に対応すべく新たな生産能力を急速に拡大させているという現在の状況は、半導体価格の上昇や、最終的に過剰供給などを発生させる可能性がある」という問題が提起されている。 [続きを読む]
提供元 : EE Times Japan

おすすめの記事

速納.com 1周年記念キャンペーン