業界ニュース

2019/04/15

ローデ、5G 時代の“ミドルクラス・スペアナ”を発表

Rohde & Schwarz の日本法人であるローデ・シュワルツ・ジャパンは 2019 年 4 月 12 日、都内で記者会見を開き、スペクトラムアナライザー (スペアナ) の新製品「R&S FSV3000」と「R&S FSVA3000」を発売したと発表した。2 つの新製品は、周波数 40GHz 前後まで対応し、価格数百万円クラスのミドルエンド領域のスペクトラムアナライザー。従来のミドルエンド機に比べ、対応する帯域幅を拡大させるなどし、需要が増加している第 5 世代移動通信 (5G) 対応機器の開発、製造用途に対応する性能を備えた。 [続きを読む]
提供元 : EE Times Japan

おすすめの記事

タグ