業界ニュース

2020/06/29

アクティブ・クランプ・フライバック設計を最適化する方法

高周波数のスイッチングでも、フライバックトポロジを最適化して効率をはるかに高められる新しい方法があります。この記事では、ゼロ電圧スイッチング (ZVS) が可能なアクティブクランプフライバックトポロジで電力密度を高められる仕組みを説明し、さらなる効率向上のためにトポロジを最適化する 2 通りの方法を紹介しようと思います。その 1 つはスイッチノード容量の削減、もう 1 つは 2 次共振回路の利用です。 [続きを読む]
提供元 : EDN Japan

おすすめの記事

タグ