計測器

基本情報

販売開始
2013 年 11 月
販売状況
販売中
販売時参考価格
300,000 円〜
サポート状況
サポート中
中古品情報
お問合わせ
閲覧にあたっての注意事項
  • 新品参考価格は発売当時の価格であり、現在の価格とは異なります。また、オプション構成によっても異なりますので、詳細はメーカへお問い合わせください。
  • 販売・サポートについては登録時のものとなります。
    現在の状況はメーカーにお問い合わせください。
  • 中古品については在庫が無く、ご希望に添えない場合がございます。予めご了承願います。
MS-402 ネオ日射計 英弘精機

商品説明

本器は天空から水平面に入射する全天日射量を測定するもので、ISO9060で規定されているFirst Classに相当する全天日射計です。受感部には波長依存性がなく、吸収率がよい特殊黒色塗料が塗布されており、また、2重ガラスドーム構造をとることによって、日射以外の変動要因(風・温度変化など)からの影響を受けにくくしてあります。

MS-802同様、新しいサーモパイルを採用したことにより、旧モデル(MS-401)に比べて応答速度、温度特性が大幅に改善されています。冬期の霜・雪の防御には強制対流装置付のものもあります。(MS-402F)

特徴

・天空から水平面に入射する全天日射量を測定
・ISO9060で規定されているFirst Classに相当
・日射以外の変動要因からの影響を受けにくい
・旧型に比べ応答速度、温度特性が大幅に改善
・MS-402Fは強制対流装置付で冬期の霜・雪を防御

商品スペック

【応答時間(出力が95%に達するまでの時間)】約8秒
【ゼロオフセット:放射収支量が200W/m2の時】+6W/m2以下
【ゼロオフセット:雰囲気温度が1時間に5℃変化した場合】±2W/m2以下
【安定性(感度定数の年間の変化率(%))】±0.5%以下
【非直線性(日射強度が100W/m2から1000W/m2まで変化した場合の直線性の誤差(%))】±0.2%以下
【方位特性(1000W/m2の日射強度を入射角及び方位角を変えてあらゆる方向から全天日射計へ入射させた場合の応答の余弦則からの誤差)】±20W/m2以下
【分光特性(波長範囲0.35~1.5μmの間の受光部の分光吸収率とガラスドームの分光透過率の積の平均からの偏差)】±1%以下
【温度特性(雰囲気温度が50℃変化した場合の応答の変化率)】±1%以下
【傾斜特性(1000W/m2の日射強度下で全天日射計を水平から垂直まで回転させた場合の応答の変化率)】±0.2%以下
【視野角】2π(sr)
【感度定数】約7μV/W・m-2又は約7mV/k・m-2(出力レンジ設定値 0~10mV→約0~1.4kW/m2)
【内部抵抗】約500Ω
【使用温度範囲】-10~+50℃(精度保証範囲)、-40~+80℃(使用温度範囲)
【寸法】外形図参照
【重量】1.4kg(MS-402)、3kg(MS-402F)
【塗装色】マンセル値N-9.5 白色焼付塗装
【ファン用電源】AC100V 16/15W(50/60Hz)(MS-402F)、*オプションでDC12Vの仕様もあります。
【波長範囲(ガラスドーム透過率 50%以上)】285 ~ 2800nm

関連資料ダウンロード

会員登録 (無料) が必要です

関連資料のダウンロードは会員限定です。
関連資料をダウンロードいただくには会員登録が必要です。

レビュー

この商品には現在レビューがありません。
レビュー投稿へのご協力をよろしくお願いいたします。

この商品のレビューを投稿する

会員登録 (無料) が必要です

レビューの投稿は会員限定です。
レビューを投稿いただくには会員登録が必要です。

その他の計測器

サービス紹介

・動画で学べる「計測入門講座 Isee!」を掲載開始! 視聴は こちら

・登録資料数約3万点のカタログ提供サービスをリリースしました「カタログ倉庫

関連記事