計測器

第9回計測器中古市
MR8870-90 メモリハイコーダ 日置電機
販売開始
販売状況
販売中
販売開始時参考価格
1,490,000 円 (税抜き)
サポート状況
サポート中
閲覧にあたっての注意事項
  • 販売開始時参考価格は発売当時の価格であり、現在の価格とは異なります。
    詳細はメーカへお問合せください。また、オプション構成によっても異なります。
  • 販売・サポートは登録時のものであり、現在の状況と異なる場合がございます。
    実際の状況はメーカーにお問合せください。
  • レンタル品は在庫が無く、ご希望に添えない場合がございます。予めご了承願います。
  • 中古品は既に在庫が無く、ご希望に添えない場合がございます。予めご了承願います。
  • 画像は同一シリーズのものを掲載している場合があります。

商品説明

お得なセット販売品●瞬時波形モードと、実効値変動の記録モードを搭載
●CFカードへのリアルタイム保存を実現
●2台同期+付属PCアプリで4ch機として使用可能
●コンパクトボディで持ち運びが簡単、直感で使える簡単操作
●超小型でありながら1Mサンプリングの高性能
●小型で美しい、ワイドQVGA-TFT液晶を搭載

商品スペック

>>もっと見る

【チャネル数】アナログ2ch +ロジック4ch
(アナログのch間と本体間は絶縁, ロジックGNDは本体と共通)
【測定レンジ】10mV~50V/div (10divフルスケール), 12レンジ, 分解能 : レンジの1/100
【最大定格電圧】端子間: DC 400V, 対地間: AC, DC 300V測定カテゴリII
【周波数特性】DC~50kHz (-3dB)
【時間軸 (メモリ時)】100µs~5min/div, 20レンジ, 時間軸分解能100ポイント/div, 時間軸拡大: ×2~×10の3段, 圧縮:1/2~1/1,000の9段
【記録間隔 (実効値時)】1 ms~1 min, 16設定, サンプリング周期: 200 μs固定 (交流電圧/電流は1000実効値データ/s), エンベロープモード常時ON
※記録間隔ごとの最大値と最小値のみを記録する
【測定機能】メモリレコーダ (高速記録), 実効値レコーダ (50/60Hz/DC専用)
【メモリ容量】12ビット ×2Mワード/ch
【外部記憶装置】CFカードTYPE Iスロット ×1, 最大2GBまで
【表示部】4.3型WQVGA-TFTカラー液晶 (480 × 272ドット)
【表示言語設定】日本語, 英語 (パネル表記は日本語)
【外部インタフェース】USB : USB2.0準拠, シリーズミニBレセプタクル ×1
機能 : PCと接続してCFカード内のファイルをPCへ転送, PCからの制御は不可
【記録印字】プリント機能なし
【電源】ACアダプタZ1005 : AC 100~240V (50/60 Hz), 30 VA (ACアダプタ使用し, 9780を本体で充電している場合)
バッテリパック9780 : 3 VA, 連続使用時間 約2h (25℃参考値, Z1005併用時はZ1005優先), ACアダプタによる充電時間 200分 (25℃参考値)
外部DC電源 : DC 10~16 V, 10 VA (接続コードはご相談, 配線は3 m以内)
【寸法・質量】176W × 101H × 41Dmm, 600g (バッテリパック含む)
【付属品】取扱説明書 ×1, 測定ガイド ×1, 測定ガイド実効値編 ×1, ACアダプタZ1005 ×1, ストラップ ×1, USBケーブル ×1, CD-R (8870専用ウェーブプロセッサ) ×1, 保護シート9809 ×1

オプション

  • PCカード512M 9728
  • 販売開始時参考価格:9,500 円 (税抜き)
  • ・512 MB ・PCカードアダプタ付属
  • PCカード1G 9729
  • 販売開始時参考価格:18,000 円 (税抜き)
  • ・1 GB ・PCカードアダプタ付属
  • PCカード2G 9830
  • 販売開始時参考価格:24,000 円 (税抜き)
  • ・2 GB ・PCカードアダプタ付属

関連資料ダウンロード

プレミアム会員登録 (無料) が必要です

関連資料をダウンロードいただくにはプレミアム会員登録が必要です。

レビュー

この商品には現在レビューがありません。
レビュー投稿へのご協力をよろしくお願いいたします。

その他のメモリオシログラフ

サービス紹介

・動画で学べる「計測入門講座 Isee!」を掲載開始! 視聴は こちら

・計測・測定に関する用語全般を収録した TechEyesOnline の用語集をリリースしました「計測関連用語集

・「記録計・データロガーの基礎と概要」掲載中!記事は こちら

関連記事