計測器

インパルスハンマ

小野測器 GK-4110G20GK-シリーズ

基本情報

販売開始
販売状況
販売中
販売時参考価格
370,000 円〜
サポート状況
サポート中
中古品情報
お問合わせ
閲覧にあたっての注意事項
  • 新品参考価格は発売当時の価格であり、現在の価格とは異なります。また、オプション構成によっても異なりますので、詳細はメーカへお問い合わせください。
  • 販売・サポートについては登録時のものとなります。
    現在の状況はメーカーにお問い合わせください。
  • 中古品については在庫が無く、ご希望に添えない場合がございます。予めご了承願います。
GK-4110G20 インパルスハンマ 小野測器
資料ダウンロードはこちら
お問い合わせはこちら

商品説明

インパルスハンマは、構造物の固有振動数測定やモーダル解析を行うための力センサを内蔵した加振ハンマです。

汎用型の GK-3100 に加え、GK-2110 は質量 4.8 g の超小型タイプで小型・軽量部品の加振器として、また GK-4110G20 は質量 1.1 kg の大型タイプで自動車のホワイトボディーや大型構造体の加振器として、用途に合わせてお使いいただけます。

測定対象物に加速度ピックアップを取り付け、インパルスハンマで打撃することにより、インパルスハンマの加振力信号と加速度ピックアップからの応答加速度信号との2つの信号から FFT アナライザにより周波数応答関数測定(固有振動数測定)が可能となります。
また、得られた周波数応答関数を モード解析ソフト(ME' scopeVES など)に読み込むことで、対象物のモード解析を行うことも可能です。

GK-4110G20

1.1 kg のハンマ質量により、工作精度を左右する機械の架台の振動解析、 自動車ホワイトボディーのモード解析用加振が可能
CCLD 方式のプリアンプ内蔵により、解析器にダイレクト接続が可能
4 種類のインパクトチップを標準付属。用途に合わせて加振周波数を変えることが可能です。

商品スペック

【測定範囲】 22,000 N
【検出素子】 水晶圧電素子
【感度】 0.23 mV/N
【共振周波数】 12 kHz 以上
【加振周波数範囲(ハードチップ使用時)】 ~ 1 kHz
【ハンマ質量】 1,100 g
【ヘッド直径】 51 mm
【チップ直径】 51 mm
【ハンマ長さ】 370 mm
【出力コネクタ】 BNC(CO2)
【出力信号】 CCLD 対応電圧出力 TEDS(Ver. 1.0)対応
※GK-2110をBNCコネクタに接続するにはNP-0021変換コネクタが必要です。
※GK-4110G20には信号ケーブルが付属しません。
※GK-2110とGK-4110G20にはセンサアンプが付属しません。次のアンプが使用できます。
・SR-2210 2ch センサアンプ

レビュー

この商品には現在レビューがありません。
レビュー投稿へのご協力をよろしくお願いいたします。

この商品のレビューを投稿する

会員登録 (無料) が必要です

レビューの投稿は会員限定です。
レビューを投稿いただくには会員登録が必要です。

その他の計測器

サービス紹介

・動画で学べる「計測入門講座 Isee!」を掲載開始! 視聴は こちら

・登録資料数約3万点のカタログ提供サービスをリリースしました「カタログ倉庫

関連記事