計測器

基本情報

販売開始
販売状況
販売終了
販売時参考価格
サポート状況
サポート中
この中古品を探す
閲覧にあたっての注意事項
  • 新品参考価格は発売当時の価格であり、現在の価格とは異なります。
    詳細はメーカへお問合せください。また、オプション構成によっても異なります。
  • 販売・サポートは登録時のものであり、現在の状況と異なる場合がございます。
    実際の状況はメーカーにお問合せください。
  • 中古品は既に在庫が無く、ご希望に添えない場合がございます。予めご了承願います。
PAD60-300LET 直流安定化電源 菊水電子工業

商品説明

PAD-LETシリーズはデジタル・プログラム可能な大容量定電圧・定電流直流安定化電源装置です。本シリーズはサイリスタ位相制御によるプリ・レギュレータとパワートランジスタによるシリーズレギュレータを基本構成として、直流変換回路に力率の悪化を防止するチョーク・インプット型平滑回路を採用、さらには入力高調波ひずみを軽減しEMI対策にも有効な入力フィルタを装備することにより、大容量電源としては極めて高品位な出力特性と高調波ひずみの少ない入力特性を実現しております。
また、シーケンス機能の搭載により外部コントローラ(コンピュータ)なしに出力パターンを任意にプログラムすることが可能であり、各種のダイナミック試験や電源シミュレーションをおこなう際に大変便利です。
フロントパネルには大型液晶ディスプレイを採用し、テン・キー、矢印キー、ジョグ・シャトルを併置したレイアウトは柔軟性のあるマニュアル操作を実現し、また汎用インターフェース(GPIB、RS-232C)による外部コントロールも可能と、様々な使用状況にフィットする高い能力を持っています。

商品スペック

>>もっと見る

■主な仕様
【出力CV(V)】 0~60
【出力CC(A)】 0~300
【リップルCV(μV rms)】 500
【リップルCC(mA rms)】 200
【電源変動CV(0.005%+mV)】 1
【電源変動CC(mA)】 30
【負荷変動CV(0.005%+mV)】 1
【負荷変動CC(mA)】 30
【質量(kg)】 約520
【入力電圧(V)】 3φ200V
【入力電力(kW)】 22
□共通仕様
【定電圧温度係数】 100ppm/℃(TYP)
【過渡応答時間】 出力電流の5~100%の変動に対して出力電圧が設定値の0.05%+10mV以内に復帰する時間:500μs
【リップル・ノイズ】 5Hz~1MHz、±3dBの帯域を持つ、平均値指示、実効値表示のAC電圧計で正または負出力のいずれかを接地して測定
【接地】 正または負端子を接地可能
【対接地電圧】 ±1000V、DC(PAD500-35LET、PAD450-40LET)
【対接地電圧】 ±500V、DC(PAD350-50LET)
【対接地電圧】 ±250V、DC(上記以外のモデル)
【絶縁抵抗】 入力-シャーシ間DC500V 30MΩ
【絶縁抵抗】 出力-シャーシ間DC1000V 20MΩ
【耐電圧】 入力-シャーシ間AC1500V 1分間異常のないこと
【耐電圧】 入力-出力間AC1500V 1分間異常のないこと
【使用温度範囲】 0~+40℃
【使用湿度範囲】 30~80%RH(結露なきこと)
【冷却方式】 ファンによる強制空冷
【保護装置】 過電圧保護装置(ソフトウェアOVP・ハードウェアOVP)
【保護装置】 過電流保護装置(ソフトウェアOCP・ハードウェアOCP)
【保護装置】 過熱保護装置(OHP)
【保護装置】 温度ヒューズ(メイントランス・サブトランス)
【保護装置】 入力電源ヒューズ
【保護装置】 入力サージアブソーバ、他
ご注意
①PAD-LETシリーズには入力ケーブルを付属しておりません。
②PAD-LETシリーズの入力ケーブルはお客様にてご用意していただく必要があります。なお、入力ケーブルには公称断面積38mm2以上、耐圧600V以上のものをご使用ください。

関連資料ダウンロード

会員登録 (無料) が必要です

関連資料のダウンロードは会員限定です。
関連資料をダウンロードいただくには会員登録が必要です。

レビュー

この商品には現在レビューがありません。
レビュー投稿へのご協力をよろしくお願いいたします。
計測器に関するご質問はこちらから

その他の直流電源

サービス紹介

・動画で学べる「計測入門講座 Isee!」を掲載開始! 視聴は こちら

・登録資料数約3万点のカタログ提供サービスをリリースしました「カタログ倉庫

・計測・測定に関する用語全般を収録した TechEyesOnline の用語集をリリースしました「計測関連用語集

・「プログラマブル (出力可変型) 直流安定化電源の基礎と概要」掲載中!記事は こちら

関連記事