計測器

デスクトップ型ハイブリッドレコーダ

基本情報

販売開始
販売状況
販売終了
販売時参考価格
サポート状況
サポート中
中古計測器情報はこちら
閲覧にあたっての注意事項
  • 新品参考価格は発売当時の価格であり、現在の価格とは異なります。
    詳細はメーカへお問合せください。また、オプション構成によっても異なります。
  • 販売・サポートは登録時のものであり、現在の状況と異なる場合がございます。
    実際の状況はメーカーにお問合せください。
  • 中古品は既に在庫が無く、ご希望に添えない場合がございます。予めご了承願います。
DR232 デスクトップ型ハイブリッドレコーダ 横河電機

商品説明

DR230は,自社開発の高耐圧半導体リレーを搭載した,信頼性 に優れたデスクトップタイプのハイブリッドレコーダです。小型 入力モジュールで測定された工業量や物理量,温度信号などをリ アルタイム記録しながら,パーソナルコンピュータへのデータ転 送が可能です。
拡張タイプは,メインユニット1台と最高6台のサブユニット DS400/DS600の接続により構成されます。
測定条件に合わせて各 種入/出力モジュールを任意に接続することができ,測定点数を最 大300chまで拡張することができます。

商品スペック

>>もっと見る

■主な仕様
入力部
【入力チャネル数】 0ch。サブユニットを接続することにより合計300chまで拡張可能。
【測定周期】 0.5,1,2,3,4,5,6,10,12,15,20,30,60秒、最高500ms/300ch(サブユニット含む)。ただし,測定周期の異なる入力モジュールが接続されている場合は,低速の入力モジュールの測定周期に依存。
【測定項目】 ユニバーサル(直流電圧,熱電対,測温抵抗体,接点),DCV/TC/DI専用,パワーモニタ,ひずみ,パルス,直流電流,ディジタル入力
【測定確度】 ±(0.05% of rdg + 2digits)(DC2Vレンジ,23±2゜C,55±10% RHにて)
【入力方式】 フローティング不平衡入力,チャネル間絶縁。温抵抗体入力はモジュール内共通電位。
記録部
【記録方式】 ラスタスキャン方式,10色ワイヤドット記録
【記録紙有効記録幅】 250mm(アナログトレンド時)
メモリ機能部
【メモリ媒体】 3.5型フロッピーディスクドライブ FDへの測定値セーブの場合は、一度バッファメモリ(512KB,SRAM)に保存。
【メモリ種類】 設定値,測定値,演算値(レポート演算結果のメモリ保存は不可)
標準演算機能
【演算種類】 任意チャネル間差,リニアスケーリング,移動平均,パルス積算
電源部
【定格電源電圧】 100~240V AC(フリー電源)、12~28VDC
【使用電源電圧範囲】 90~250V AC、10~32VDC
一般仕様
【外形寸法】 約438(W)×291(H)×301(D)mm
【質量】 約9kg

オプション

  • 内部照明 /H1
  • 販売時参考価格:ー
  • 演算機能 /M1
  • 販売時参考価格:ー
  • ■演算チャネル数DR231: 最大30ch
    DR232: 最大60ch
    ■種 類
    リモートRJC,四則演算,SQR(平方根),ABS(絶対値),LOG(常用対数),LN(自然対数),EXP(指数),統計演算(CLOG,TLOG),論理演算(AND,OR,NOT,XOR),関係演算,べき乗,前回測定値参照,ホールド,リセット
    CLOG: 同一時刻に測定したグループ内の演算処理(合計,最大,最小,平均,最大-最小)
    TLOG: あるchについて時系列の演算処理(最大24h)(合計,最大,最小,平均,最大-最小)
  • レポート演算機能 /M3
  • 販売時参考価格:ー
  • 1時間,1日または1カ月ごとに測定データの瞬時値,最大,最小,平均または合計を記録紙上に作表。レポート記録中はアナログ記録を中断。
    レポート演算チャネル数: 最大60ch
    注)レポート演算結果のフロッピーディスク内への保存は不可能。

レビュー

この商品には現在レビューがありません。
レビュー投稿へのご協力をよろしくお願いいたします。

後継機種情報

その他のデータロガ

サービス紹介

・動画で学べる「計測入門講座 Isee!」を掲載開始! 視聴は こちら

・登録資料数約3万点のカタログ提供サービスをリリースしました「カタログ倉庫

・計測・測定に関する用語全般を収録した TechEyesOnline の用語集をリリースしました「計測関連用語集

・「記録計・データロガーの基礎と概要」掲載中!記事は こちら

関連記事