計測器

プレミアム会員様限定限定クーポンを手に入れよう !
P3111-2 Hydraulic Deadweight Testers フルーク
販売開始
販売状況
販売中
販売開始時参考価格
サポート状況
サポート中
閲覧にあたっての注意事項
  • 販売開始時参考価格は発売当時の価格であり、現在の価格とは異なります。
    詳細はメーカへお問合せください。また、オプション構成によっても異なります。
  • 販売・サポートは登録時のものであり、現在の状況と異なる場合がございます。
    実際の状況はメーカーにお問合せください。
  • レンタル品は在庫が無く、ご希望に添えない場合がございます。予めご了承願います。
  • 中古品は既に在庫が無く、ご希望に添えない場合がございます。予めご了承願います。

商品説明

P3100 モデルは、シングル・ピストンまたはデュアル・ピストンのいずれの形式でもお求めいただけますので、広範囲の作動レンジに対応可能です。psi、bar、kgf/cm※2、MPa の各モデルがございます。
P3100 は堅牢で、確度が非常に高く、すぐに簡単にお使いいただける機器です。
ユニットには、大容量用途のための内蔵始動ポンプ、ピストン浮揚インジケーター、精密な圧力制御のための高品質スクリュー・プレスが装備されています。

■主な機能
・400 MPa までの圧力レンジ
・標準で 0.015 % の読み取り値確度 (オプションで 0.008 %)
・シングル・ピストン形式またはデュアル・ピストン形式
・標準内蔵ハンド・ポンプ
・埋め込み水準器 (脚は高さ調整可能)
・ユニットを局所重力 FOC に合わせて調整可能

商品スペック

>>もっと見る

Fluke P3111-2
Pressure Range 1 to 35 kgf/cm²

■共通仕様: Fluke Calibration P3100 Hydraulic Deadweight Testers
圧力レンジ
【油作動】 140 MPa までのレンジ
確度
【確度*】 読み取り値の ± 0.015 % (オプションで ± 0.008 %)
* 校正証明書の補正に従って使用した場合、読み取り値の % に基づく確度はピストン・レンジの 10 % ~ 100 %。10 % 未満 ± (確度クラス) x ピストン・レンジの 10 %。
構造の材質
【標準分銅の材質】 シリーズ 3 非磁性オーステナイト・ステンレス・スチール
【分銅密度】 7.8 g/cm³
【板状分銅 (オプション)】 溶体化熱処理アルミニウム
【分銅密度】 2.7 g/cm³
【ピストン材質】 炭化タングステン、バインダーはニッケル
【ピストン材質】 密度 – 15.0 g/cm³
【シリンダー材質】 硬化マルテンサイト鋼
【シリンダー材質】 炭化タングステン (液圧 3.5 MPa 超)
【熱膨張係数】 油圧ピストン/シリンダー 16.5 ppm/°C
【熱膨張係数】 液圧 (3.5 MPa 以上) 11 ppm/°C
一般
【テスト・ポート・アダプター】 1/8、1/4、3/8、½ の NPT または BSP
【機器重量】 16 kg
【機器寸法】 幅 445 mm x 奥行 305 mm x 高さ 215 mm
【標準分銅セット重量】 36 kg
【容器容量】 150 cc
【スクリュー・プレスによる容量変化】 5.5 cc
【ポンプによる容量変化】 ストロークあたり 4.7 cc
【O リング・シール材質】 標準で Buna N (Viton、EPDM も利用可能)
分銅増分
【標準分銅の最小増分】 3.5 MPa まで: 10 kPa
【標準分銅の最小増分】 3.5 ~ 35 MPa: 100 kPa
【標準分銅の最小増分】 35 ~ 140 MPa: 200 kPa
【標準分銅の最小増分】 モデル P3112: 10 kPa
【板状分銅 (オプション)】 3.5 MPa まで: 1 kPa
【板状分銅 (オプション)】 3.5 ~ 35 MPa: 10 kPa
【板状分銅 (オプション)】 35 ~ 140 MPa: 20 kPa
作動液
【鉱物油】 Shell スピンドル・オイル 22、Fluke 参照番号 55-655、粘度は 20 °C で 40 cs

関連資料ダウンロード

カタログ倉庫で関連資料の検索をお願いします。
該当するカタログが無い場合もありますので、ご了承ください。

レビュー

この商品には現在レビューがありません。
レビュー投稿へのご協力をよろしくお願いいたします。

その他の圧力発生器

サービス紹介

・動画で学べる「計測入門講座 Isee!」を掲載開始! 視聴は こちら

・計測・測定に関する用語全般を収録した TechEyesOnline の用語集をリリースしました「計測関連用語集

関連記事