計測器

基本情報

販売開始
販売状況
販売中
販売時参考価格
サポート状況
サポート中
この中古品を探す
閲覧にあたっての注意事項
  • 新品参考価格は発売当時の価格であり、現在の価格とは異なります。
    詳細はメーカへお問合せください。また、オプション構成によっても異なります。
  • 販売・サポートは登録時のものであり、現在の状況と異なる場合がございます。
    実際の状況はメーカーにお問合せください。
  • 中古品は既に在庫が無く、ご希望に添えない場合がございます。予めご了承願います。
96270A 低位相雑音基準信号発生器 フルーク

商品説明

■27GHz RF基準信号発生器、 50Ω 4GHzレベリング・ヘッド
RF校正の複雑さを大幅に軽減しました。

フルーク・キャリブレーションの96270A RF基準信号発生器は、スペクトラム・アナライザやRFパワーセンサなどを、最大27GHzまで校正するための簡素で、高精度、費用効果の高い単体機器です。
正確な信号レベルや減衰、高い信号純度や精度、低い変調歪みという特徴を持つ信号発生器ですので、スペクトラム・アナライザ、RFパワーセンサ、アッテネータなどの機器を校正するのによく使われる汎用信号発生器に比べて明らかに高性能です。
低位相雑音のため、位相雑音性能も優れています。

多くのRF校正ソリューションと異なり、96270Aは特にRF校正のために設計されており、校正に適したユーザー・インタフェースになっていますので、習得しやすく操作が簡単です。96270Aは、
校正手順を単純化してスピードアップし、作業者がミスを犯す可能性を減らし、RF計測を大幅に簡易化しました。
RFおよびマイクロ波校正システムの中核として、96270Aは、あらゆる周波数帯のほぼ全てのスペクトラム・アナライザを校正するのに必要な試験ポイントを80%超カバーしています。
27GHz未満で動作するスペクトラム・アナライザの多くの機種では、96270Aだけですべての校正作業が行えますので、これほど大きな簡素化はありません。

校正管理ソフトウェアのMET/CAL®Plus を使って自動化を行うことで、96270Aは複雑さや校正時間を減らし、手動による方法に比べて効率が向上されるため、その間に別の作業を行うことができます。

■主な特長
•「自己特性評価」機能により、信号供給システムの各コンポーネントについて補正係数を計算する必要がありません。
•“設定通りの出力が得られます。”最高周波数27GHzまで、UUT(校正対象機器)の入力に直接正確な信号を供給
•広範囲のRF校正作業をカバーしています。
•手持ちのRF校正システムに必要となる機器や相互接続 の数を減らします。
•300MHz周波数カウンタとデュアル・パワーメーター表示機能が内蔵されており、追加の機器が不要です。
•校正専用のインタフェースにより、作業者の作業が容易になります。
•不確かさの計算を簡素化。
•RFシステム維持管理費用を低減。
•自動化により、手動の作業に比べて、スペクトラム・アナライザの校正時間を最大50%削減。

商品スペック

>>もっと見る

■1台の機器で広範囲のRF校正対象製品をカバー
96270Aは、以下のような広範囲なRF校正対象製品を校正します:
•高周波モデルも含めたスペクトラム・アナライザ
•RFパワー・センサ
•変調計およびアナライザ
•レシーバー
•周波数カウンタ
•RFアッテネータおよびコンポーネント
•広帯域オシロスコープ
•その他

従来のRF校正システムに比べて、考慮すべき不確かさの要因やエラー源が少ないため、これら製品の校正に関連した計測が簡単になります。

■“設定通りの出力が得られます。”精度と信号純度
96270Aは、正面パネルで設定したその通りに、純粋で正確なレベルの信号をUUT入力に直接供給します。このユニークな“設定通りの出力が得られます。
”機能により、ケーブル、その他のデバイスや相互接続によってもたらされる損失、反射によるエラーおよび不確かさの影響を回避し、正確な結果を得るために必要となる複雑な設定や時間のかかる方法を排除できます。

低レベルの信号については、50オームまたは75オーム バージョンで、頑丈で精密なレベリングヘッドを持つ 96270Aを使ってください。
ヘッドは、広いダイナミック・レンジで、低周波から最大4GHzまで直接UUT入力に供給し、これによって損失、雑音、干渉および反射によるエラーを最小化し、154dBダイナミック・レンジ全体にわたって、-130dBmの最も低いレベルに至るまで、低レベル信号の完全性を維持します。

最大27GHzまで、より浅いレベルで広い周波数レンジの信号については、“設定通りの出力が得られます。
”信号供給と正確さという特長が実現できるように、高周波レベリングキットを備えたマイクロ波出力の96270Aをご利用ください。

■自己特性評価を使って広範囲の測定および計算を回避
96270Aは、「自己特性評価」が可能です。すなわち、ケーブル、アッテネータ、スプリッタ、コネクタのようなシステムコンポーネントの損失および減衰で占める出力プロファイルを作成し、直接UUT入力への接続を行う信号基準面を効率的に作成できます。
この周波数/振幅補正プ ロファイルは96270Aメモリに保存されますが、このメモリは、様々な出力や相互接続の構成に合わせて最大30プロファイルを保存できます。プロファイルを使うこと で、96270Aは、レベル補正データを自動的に適用し、UUT入力に作成された基準面においてユーザーの信号レベル設定が正確になるようにします。
この結果、信号供給システムの各コンポーネントについて補正係数を測定、計算、適用する必要がないので、時間の節約となります。

■一般のRF校正器以上の実力
研究開発、製造試験およびATEでのアプリケーションでは、多くの場合、通常の汎用信号発生器より高度な性能を必要とします。
広い周波数カバー範囲、周波数分解能、低い高調波、位相雑音やスプリアス成分、信号レベル・減衰確度およびまたはダイナミック・レンジが重要なパラメータであれば、96270Aは理想的なソリューションとなります。

■RF校正システムの費用を半分に削減
高性能RFスペクトラムアナライザ校正システムの中核機器として、96270Aは、費用を半分以上削減できます。
96270Aは、「代表的」なRF校正システムの以下の部分を全て置き換えることができます:

最大5つの信号源(オーディオ/ファンクション・ゼネレータからRFおよびマイクロ波信号発生器および低位相雑音信号発生器
•パワーメーター
•パワーセンサ
•ステップ・アッテネータ
•フィルタ
•パッド
•カプラ
•300 MHz 周波数カウンタ

96270Aは、RFシステム・コンポーネントの購入、設置および設定にかかる時間や初期導入費用を減らすだけでなく、その装置全部の保守や校正にかかるコストも削減します。
27GHz未満で動作するスペクトラム・アナライザの多くの機種や、ほとんどのパワー・センサについては、96270Aだけですべての校正を実施できます。

また96270Aは、装置やアクセサリー類から構成される重いラックより持ち運びが簡単なので、現場での校正に最適のソリューションとなります。

■パワー・メーター、ファンクション・ゼネレータまたはカウンターの追加が不要
内蔵デュアル・パワーメーター表示機能を使うことで、96270Aをパワー・メーターとして使うことができ、別にパワー・メーターを用意しなくてもRF校正が実施できます。
また、96270A/HFモデルに付属する40GHzパワー・センサを、他の互換性のあるモデルと交換することで、最高周波数67GHzのパワー測定が可能になります。

96270A基準信号発生器の内部変調能力は、より正確な変調率でAM信号を使ったスペクトラム・アナライザの掃引時間試験や変調アナライザ校正など、出力信号に精度の高い変調を適用する必要があるアプリケーションに最適です。低周波変調発生器としてファンクション・ゼネレータを追加する必要はありません。96270A一台で全てを実現します。

内蔵300MHz周波数カウンタにより、RF校正に必要な機器の数をさらに減らせます。

■RF校正用の設計
多くのRF校正システムは、汎用信号発生器、パワー・センサ、およびその他の校正専用でない機器を組み合せております。
その一方で96270Aは、RF校正専用に設計されています。ユーザー・インタフェースは、スペクトラム・アナライザ、RFレベル・メーターおよびレシーバーなどの製品を校正するためのプロセスを簡略化するように設計されています。
パラメータ・オフセット、ステッピング、相対およびUUT/DUTエラー計測のモードは、よく知っている校正手順後の作業を正確かつ効果的に行えるようにします。
試験中の機器の性能と許容範囲が、これまでになく判定しやすいと分かるでしょう。

96270Aの正面パネルは、専用ファンクションキー、ソフトキーおよび学習や操作を簡単にする明るく見やすいカラーディスプレイを装備しています。出力レベルは、よく知られた倍数および指数の形式を使って、
電力(ワットまたはdBm)、電圧(RMSまたはPeak to Peak)で設定できます入力した値または精度を失うことなく、簡単に電圧、電力およびdBm間を移動できます。
表示値を調整するための誤差読み出しモードでは、単純にスピンホイールを回すだけで、UUT誤差がdB、ppmまたはパーセントで直接表示されます。

簡単で校正に適したユーザー・インタフェースは、予期しない結果や許容範囲外の状況に遭遇しても、手動または自動の校正手順を進めながら、簡単にトラブルシューティングができるようにしています。

■最高水準の位相雑音性能
高いおよび低いオフセット周波数に最適化された低位相雑音と、1Hzから10MHzオフセットの仕様を使って、96270Aは、今日の高性能の校正対象製品で要求される位相雑音性能を超える性能を提供します。

位相雑音データは、96270A校正証明書に含まれています。保守的に保証された仕様書だけに頼るのではなく、ユーザーは自分の製品の実際の性能データを使用することができます。

■自分のニーズや予算に合わせた自由度の高い構成
モデル、オプションおよびアクセサリーが豊富に用意されていますので、自分に必要な性能を購入し、そのニーズの変化や増大にしたがって、後からアイテムを追加できます。

標準の 96270A 基準信号発生器 には、50オームのレベリング・ヘッドがついてきます。96270A/75は、50オームと75オームの両方のヘッドが標準で付属します。このレベリングヘッドは、深い減衰、
変調および低位相雑音の信号を4GHzまで提供し、高周波モデルも含めたあらゆる周波数スペクトラム・アナライザの試験ポイントを80%カバーしており、パワー・センサの直線性校正に使われます。
1mHzから27GHzまでの周波数の信号も同様に、96270A正面パネルのマイクロ波出力端子から、ほとんどの汎用信号発生器に匹敵するレベル確度で利用できます。

96270A/HF 基準信号発生器 は、Rohde & Schwarz40GHzパワーセンサとAgilent 11667Bスプリッタに計測グレードのマイクロ波ケーブルと精密APC-3.5ミリメーターアダプタを加えた、
高周波レベリングキットが付属しています。この構成は、96270Aマイクロ波出力を用いて、1kHzから27GHzのレンジで、スペクトラム・アナライザ、パワー・センサ、
および広帯域オシロスコープの周波数帯域を校正することができます。パワー・センサとスプリッタを用いて96270Aに完全自動フィードバック機能を構成すると、
スプリッタ出力ポート基準面やUUT入力接続において、96270A正面パネルで設定した通りの正確で平準化された高純度信号を提供することが可能になります。

低レベルマイクロ波出力を持つ96270A/LL基準信号発生器 は、最大27GHzの周波数で低レベル信号を必要とするアプリケーション用に、
正面パネルコネクタでの-4dBm(高周波レベリングキットのスプリッタ出力で-10dBm)から-100dBmまで、マイクロ波出力レンジを拡張します。
この能力は、オシロスコープの校正や、一部のスペクトラム・アナライザおよびパワー・センサの試験にはきわめて貴重です。

96270A/LL/HF は、できるだけ広範囲の仕事をカバーするために、高周波数レベリングキットと低レベルマイクロ波出力の両方を持っています。

9600FLTの 1 GHz ワイドオフセット位相雑音フィルタ のアクセサリーは、高性能スペクトラム・アナライザのワイドオフセット位相雑音試験専用に設計されています。
最良の低位相雑音信号発生器を使っていても、校正作業者は、高性能スペクトラムアナライザの位相雑音試験中に、大きなオフセット周波数での雑音レベルを下げ試験マージンを改善するために、
フィルタを使用することが度々あります。9600FLTは、ベンチトップかラック搭載アプリケーションのどちらでも、96270Aに簡単に接続されます。

■システム性能を保証するためシステムとして校正
96270Aのメインフレームおよびレベリング・ヘッドは、全体的なシステム性能を保証するため、完全な1つのシステムとして一緒に校正されます。それぞれの96270A機器には、レベルと減衰、
レベリングヘッド出力VSWR、位相雑音など、全ての主要パラメータのデータがついた包括的なISO 17025準拠校正証明書が添付されます。
これにより、96270Aはトレーサビリティが確立されており、加えてRF測定方法および不確かさ分析がずっと簡単で迅速になるように保証できます。
認定校正 証明書は、96270Aと、50オームおよび75オームの両ヘッドについて入手可能です。

■選択可能な周波数基準入出力が機能性を拡張
選択可能な外部周波数基準入力を、96270A背面パネル上の標準機能の1つとして使うことができます。
この入力は、高いクロック精度または共通基準周波数の使用が重要なアプリケーションにおいて、周波数出力を、FlukeCalibration 910Rルビジウム周波数基準のような外部参照に同期できるようにします。
周波数基準出力は、UUTが、96270A内部基準クロックに周波数を同期できるよ うにします。この設定は、基準信号発生器とUUTとの間に発生する周波数オフセット誤差を減らすために度々必要となります。

■96270Aスイープ機能を使って周波数応答試験を簡易化
RFアプリケーションでは、しばしば周波数スイープを必要とすることが多くあります。
96270Aのスイープ機能は、既存の手動スペクトラム・アナライザ周波数応答試験やフィルタ応答測定のアプリケーションを簡素化しています。

■MET/CAL®ソフトウェアを使った自動化で“walk-away”(空き時間)効率向上
一般的な自動RF校正プロセスでは、作業者が頻繁に介入して試験セットアップを変更しなければならず、これでは自動化によるメリットを享受できません。
“walkaway”(空き時間)の自動化なら、MET/CAL校正ソフトウェアで作成された手順を使うことで、校正システム能力を25パーセント以上増やすことができます。
MET/CAL校正ソフトウェアには、96270Aを使ったサンプル校正手順が含まれており、これを基本として、自分の作業に適したRF校正手順を追加で作成することができます。

9640Aモデル用にFluke Calibrationが作成したMET/CAL手順は、96270Aでも使えます。

■他の自動化ソリューションと96270Aとの使用
96270Aは、既存の自動化システムおよびソフトウェアとのインテグレーションが簡単です。「1回の接続でたくさんの試験」ができる特長をフルに利用するような試験シーケンスを構造化することで、
96270Aが提供する時間節約や効率性向上を実現できます。

自動化システムの信号発生器は、このようなシステムによくある多くのプロダクトのGPIBエミュレーションのおかげで、置換えが簡単です。
96270Aは、HP3335A、HP8662/3A、HP 8663A、HP8340A、HP8360 Bシリーズ、Agilent E8257 Series、および Fluke Calibration の 9640A、9640A-LPN および 9640ALPNX RF基準信号発生器をエミュレートします。

■96270A 仕様一覧*
周波数仕様、およびレベル 仕様
【周波数/ レベルレンジ】 レベリングヘッド O/P [50 Ω]: 1 mHz から 4 GHz
【周波数/ レベルレンジ】 マイクロ波 O/P ダイレクト: 1 mHz から 27 GHz [LL オプション付き]
【周波数/ レベルレンジ】 マイクロ波 O/P、HF オプション付き: 1 kHz から 27 GHz [ LL オプション付き]
【周波数/ レベルレンジ】 125 MHzまで -130 から +24 dBm to , 4 GHz で+14 dBm -4 [-100] から +24 dBm, >1.4 GHz: +20 dBm, [>20 GHz: +18 dBm] -10 [-35] から +18 dBm, >1.4 GHz: +14 dBm, [>20 GHz: +12 dBm]
【分解能】 10 µHz
【周波数確度】 ± 0.05 ppm ± 5 µHz
【レベル確度(50 Ω内):】 レベリングヘッド O/P:
【レベル確度(50 Ω内):】 -48 dBmまで;100 kHzまで ± 0.03 dB ,128 MHzまで ± 0.05 dB ,4 GHzで ± 0.3 dB
【レベル確度(50 Ω内):】 10 MHz から 128 MHz; ± 0.05 dB から -48 dBm, ± 0.1 dB から -84 dBm , -130 dBm で± 0.7 dB マイクロ波 O/P ダイレクト:
【レベル確度(50 Ω内):】 代表値 4 GHzまで± 0.5 dB ,26.5GHzまで ± 0.5 dB HFオプション付きマイクロ波 O/P (自己特性評価後):
【レベル確度(50 Ω内):】 パワー平坦度不確かさ; 100 MHzで± 0.05 dB , 1 GHz で± 0.07 dB , 12 GHzで ± 0.1 dB , 26.5 GHzで± 0.16 dB
【レベル確度(50 Ω内):】 % パワー (校正係数) 工場校正での不確かさ; 100 MHzで± 1.06 % , 1 GHzで ± 1.42 % ,26.5 GHzで ± 3.52 %
【レベル確度(50 Ω内):】 % パワー (校正係数) スプリッタ出力ポートでの反射に対してベクトル補正および代表的な最高性能の不確かさにより校正された基準センサでの不確かさ; 100 MHzで± 0.37 % , 1 GHzで± 0.49 % , 26.5 GHzで± 2.18 %
【アッテネータ確度 (50 Ω内)】 レベリングヘッドO/P: 49 dBまで ± 0.02 dB,110dBで ± 0.15 dB +10 dBmに対して, 10 Hz から 128 MHz
【VSWR】 レベリングヘッドO/P (50 Ω): ≤ 100 MHz: ≤ 1.05, ≤ 2 GHz: ≤ 1.1, 2 GHz から 4 GHz: ≤ 1.0 + 0.05 x f (GHz) マイクロ波 O/P: ダイレクト ≤ 2.0 (代表値), HF option splitter device ≤ 1.22
【高調波およびサブ高調波】 高調波 ≤1 GHz: -60 dBc, >1 GHz: -55 dBc; サブ高調波≤ 4 GHz: none, >4GHz: -60 dBc
【スプリアス ≥ 3 kHz オフセット】 500 MHzで≤ -84 dBc , 1 GHzで ≤ -78 dBc , 4 GHzで≤ -66 dBc , 27 GHzで≤ -48 dBc
【1 GHzでの位相雑音】 –144 dBc/Hz, 代表値, at 10 kHz から 100 kHz オフセットで
【変調】 AM, FM, PM, 4 GHzまでの内部および外部(レベリングヘッドおよびマイクロ波 O/P); 周波数プルおよび外部レベリング
【周波数スイープ】 1 mHz から 4 GHz (レベリングヘッド); 1 mHz から 27 GHz (マイクロ波 O/P). リニアおよび対数. スタートストップまたは中央スパン
【周波数カウンタ】 内蔵300 MHz 周波数カウンタ
【パワーメーター表示互換性】 Rhode & Schwarz NRP-Z シリーズ・サーマル・センサ・モデル 51, 52, 55.03, 55.04, 56, 57 および 58
【温度】 動作時: 0 °C から 50 °C, 23 °C ± 5 °C 仕様性能適用 非動作時: -20 °C から +70 °C
【標準インターフェース】 IEEE-488.2 (GPIB)
【GPIB コマンドエミュレーション】 9640A, 9640A-LPN, 9640A-LPNX, HP3335, HP8662A, HP8663A, HP8340A, HP8360 B-シリーズ; Agilent E8257 シリーズ
【寸法 (HxWxD)】 146 mm x 442 mm x 551 mm (5.8 in x 17.4 in x 21.7 in) ハンドルを含む。 Y9600ラック取付キットで取り付けられた場合、業界標準 19 インチ (483 mm) ラック取付。
【重量】 18 kg (40 lb)
*主な仕様の一覧表です。75オーム出力レベリングヘッドなど、詳細な仕様については96270A拡張仕様書(英文)を参照してください。

関連資料ダウンロード

会員登録 (無料) が必要です

関連資料のダウンロードは会員限定です。
関連資料をダウンロードいただくには会員登録が必要です。

レビュー

この商品には現在レビューがありません。
レビュー投稿へのご協力をよろしくお願いいたします。
計測器に関するご質問はこちらから

その他の計測器

サービス紹介

・動画で学べる「計測入門講座 Isee!」を掲載開始! 視聴は こちら

・登録資料数約3万点のカタログ提供サービスをリリースしました「カタログ倉庫

・計測・測定に関する用語全般を収録した TechEyesOnline の用語集をリリースしました「計測関連用語集

関連記事