計測器

~就活に役立つ~ オシロスコープ基礎 無料体験セミナー
9500B/3200 オシロスコープ校正器 フルーク
販売開始
販売状況
販売中
販売開始時参考価格
サポート状況
サポート中
閲覧にあたっての注意事項
  • 販売開始時参考価格は発売当時の価格であり、現在の価格とは異なります。
    詳細はメーカへお問合せください。また、オプション構成によっても異なります。
  • 販売・サポートは登録時のものであり、現在の状況と異なる場合がございます。
    実際の状況はメーカーにお問合せください。
  • レンタル品は在庫が無く、ご希望に添えない場合がございます。予めご了承願います。
  • 中古品は既に在庫が無く、ご希望に添えない場合がございます。予めご了承願います。
  • 画像は同一シリーズのものを掲載している場合があります。

商品説明

3.2GHz 高性能オシロスコープ校正ワークステーション ―
■9500B オシロスコープ校正器の特徴
オシロスコープ校正の自動化は、生産性の大幅アップのために最も効果的で多くの校正室で実現可能な方法の1つであると言えるかもしれません。
これを手動で行おうとすると、経験を積んだオペレーターが長時間かけて行わなければなりませんが、その本質は繰り返しの作業です。
この問題は半自動、あるいは一部の自動化によって解決することができ、技術者はその間他の業務を行うことができるように思われます。
しかし実際には、このような部分的な解決では本当に問題を解決したことにはなりません。

この10年でオシロスコープは2チャンネルからより複雑な4チャンネルへと変化しました。
このような多チャンネル・オシロスコープを校正する場合、校正手順の進捗に伴い校正信号をチャンネル間で移動させなければならず、
そのために手作業でケーブルを接続し直すしかありません。
高性能なオシロスコープでは、ケーブルやコネクターの不確かさも考慮する必要があります。
スイッチング・マトリックスを用いるという方法もありますが、この場合反射、接触不良、パスの相違により校正の不確かさに大きく影響します。

■アクティブ・ヘッドおよび完全自動化
フルーク・キャリブレーションの9500Bは独自のアクティブ・ヘッドを用いた真の完全自動校正によりこれらの問題を解決します。
9500Bではオシロスコープの校正に必要な信号は全て校正器本体から離れた、着脱可能なヘッドで生成されます。
ヘッドは直接オシロスコープの入力端子に接続され、他にケーブルは必要ありません。波形の制御や切り替えは全て本体の管理の下、
オシロスコープの入力端子からわずか数ミリの位置にあるヘッド内で行われます。
9500B1台で最大5つのヘッドの制御が可能ですので、外部トリガー付きの4チャンネルのオシロスコープの校正に必要な信号の出力、
制御、切り替えがリード線を接続し直さずに可能です。

■MET/CAL ® Plus 校正管理ソフトウェア
完全自動校正に必要な最後の要素は、ソフトウェアです。
9500B オシロスコープ校正器は、フルーク・キャリブレーションのMET/CAL Plus 自動校正管理ソフトウェアと併せてご利用いただけます。
これにより校正の自動化だけでなく、校正結果の保存、校正資産の管理、さらに新しい校正手順を作成することもできます。
Microsoft Windows環境下で動作し、複数のユーザーで使用することもできます。
また、ISO 9000に準拠したトレーサビリティの保証、校正成績書やレポートのカスタマイズ、高度な手順のプログラミングなども可能です。
処理能力が拡大し、より一貫した校正、人為的なミスの減少、オペレーターのトレーニングの簡略化などに繋がり、
結果としてより低コストでより高品質な校正を実現します。

商品スペック

>>もっと見る

仕様
■直流電圧
【振幅】 ± 1 mV ~ ± 200V(1 MΩ)
【振幅】 ± 1 mV ~ ± 5V(50 Ω)
【確度】 ±(0.025% + 25 µV)
【レンジ】 1、2、5 または 1、2、2.5、4、5 または連続可変
【偏差】 ± 11.2%

■矩形波
【振幅 ― レンジ】 40 µV ~ 200 Vp-p(1 MΩ)
【振幅 ― レンジ】 40 µV ~ 5 Vp-p(50 Ω)
【振幅 ― 極性】 正、負またはグラウンドに対して対称
【振幅 ― 確度(10 Hz ~ 10 kHz)】 < 1 mV ±(1% + 10 µV)
【振幅 ― 確度(10 Hz ~ 10 kHz)】 1 mV-21 mV ± (0.10% + 10 µV)
【振幅 ― レンジ】 1、2、5 または 1、2、2.5、4、5 または連続可変
【振幅 ― 偏差】 ± 11.2%
【立上り / 立下り時間】 < 100V < 150 ns
【立上り / 立下り時間】 >=100V < 200 ns
【アベレーション】 < 2% ピーク(最初の 500 ns)
【周波数 ― レンジ】 10 Hz ~ 100 kHz
【周波数 ― 確度】 ± 0.25 ppm
【周波数 ― レンジ】 1、2、5 または 1、2、2.5、4、5 または連続可変

■ローエッジ・パルス
【振幅 ― レンジ】 5 mV ~ 3 Vp-p(50 Ω)
【振幅 ― 確度】 +50 ps ~ -150 ps
【振幅 ― レンジ】 1、2、5 または 1、2、2.5、4、5 または連続可変
【立上り / 立下り時間】 500 ps、信号がグラウンドに戻った時点
【Mk/Sp 比】 1:9
【アベレーション(VSWR 1.2:1)】 < ± pk(8 Ghz)
【アベレーション(VSWR 1.2:1)】 < ± 1.5% pk(3Ghz)
【アベレーション(VSWR 1.2:1)】 (最初の 10ns)
【周波数 ― レンジ】 10 Hz ~ 2 Mhz
【周波数 ― 確度】 ± 0.25 ppm
【周波数 ― レンジ】 1、2、5 または 1、2、2.5、4、5 または連続可変

■ハイエッジ・パルス
【振幅 ― レンジ】 1 mV ~ 200 Vp-p(1 MΩ)
【振幅 ― レンジ】 1 mV ~ 5 Vp-p(50 Ω)
【振幅 ― 確度】 ± 3%
【振幅 ― レンジ】 1、2、5 または 1、2、2.5、4、5 または連続可変
【立上り / 立下り時間】 < 100V < 150 ns
【立上り / 立下り時間】 >=100V < 200 ns
【Mk/Sp 比】 1:1
【アベレーション】 < 2% ピーク(最初の 500ns)
【周波数 ― レンジ】 10 Hz ~ 100 kHz
【周波数 ― 確度】 ± 0.25 ppm
【周波数 ― レンジ】 1、2、5 または 1、2、2.5、4、5 または連続可変

■高速エッジ(9530 アクティブ・ヘッドのみ)
【振幅 ― レンジ】 5 mV ~ 3 Vp-p(50 Ω)
【振幅 ― 確度】 ± 3%
【振幅 ― レンジ】 1、2、5 または 1、2、2.5、4、5 または連続可変
【立上り / 立下り時間】 150 ps、信号がグラウンドに戻った時点
【Mk/Sp 比】 1:9
【アベレーション】 < 3% ピーク(8 Ghz)
【アベレーション】 < 2% ピーク(3 Ghz)
【アベレーション】 (最初の1 ns)
【周波数 ― レンジ】 10 Hz ~ 2 Mhz
【周波数 ― 確度】 ± 0.25 ppm
【周波数 ― レンジ】 1、2、5 または 1、2、2.5、4、5 または連続可変

■70 ps 高速エッジ(9560 アクティブ・ヘッドのみ)
【振幅 ― レンジ】 25 mV ~ 2 Vp-p
【振幅 ― 確度】 ± 3%
【振幅 ― レンジ】 1、2、5 または 1、2、2.5、4、5 または連続可変
【立上り / 立下り時間】 70 ps、信号がグラウンドに戻った時点
【Mk/Sp 比】 1:9
【アベレーション】 < 4% ピーク(20 Ghz)
【アベレーション】 < 3% ピーク(8 Ghz)
【アベレーション】 < 1% ピーク(3 Ghz)
【アベレーション】 (最初の 700 ps)
【周波数 ― レンジ】 10 Hz ~ 1 Mhz
【周波数 ― 確度】 ± 0.25 ppm
【周波数 ― レンジ】 1、2、5 または 1、2、2.5、4、5 または連続可変

■25 ps 高速エッジ(9550 アクティブ・ヘッドのみで利用可能)
【振幅 ― レンジ】 425 ~ 575 mVp-p(50 Ω)
【振幅 ― 確度】 ± 2%
【立上り / 立下り時間】 25 ps、信号がグラウンドに戻った時点
【Mk/Sp 比】 1:9

■タイミング・マーカー

【矩形波 / 正弦波 ― 矩形波周期】 10 ns ~ 55 s
【矩形波 / 正弦波 ― 正弦波周期】 450 ps ~ 10 ns
【矩形波 / 正弦波 ― 正弦波周期】 9500/600 = 1 ns ~ 10 ns
【矩形波 / 正弦波 ― 正弦波周期】 9560 = 180 ps ~ 10 ns
【パルス ― 周期】 1 ns ~ 55 s
【パルス ― 立上り / 立下り時間】 周期の 2.5%
【三角パルス波】
【レンジ】 全ての波形で1、2、5 または 1、2、2.5、4、5 または連続可変
【タイミング確度 ― ノーマル】 ± 0.25 ppm
【タイミング・ジッター】 10 psp-p
【偏差】 周期の ± 45%
【振幅】 100 mV ~ 1 Vp-p
【サブディビジョン】 すべての波形で、± 1 µs周期においてマーカー10個ごとに振幅を高く設定可能

■定振幅正弦波およびデュアル正弦波
【周波数 ― レンジ】 9500B/600 0.1 Hz ~ 600 MHz
【周波数 ― レンジ】 9500B/1100 0.1 Hz ~ 1.1 GHz
【周波数 ― レンジ】 9500B/3200 0.1 Hz ~ 3.2 GHz
【周波数 ― レンジ】 9500B/2200+9560 0.1Hz ~ 6.4 GHz
【振幅(定振幅正弦波、50Ù) ― 0.1 Hz ~ 550 MHz】 4.44 mV ~ 5.560 Vp-p
【振幅(定振幅正弦波、50Ù) ― 550 MHz ~ 2.5 GHz】 4.44 mV ~ 3.336 Vp-p
【振幅(定振幅正弦波、50Ù) ― 2.5 GHz ~ 3.2 GHz】 4.44 mV ~ 2.224 Vp-p
【振幅(定振幅正弦波、50Ù) ― 3.2 GHz ~ 6.4 GHz】 25 mV ~ 2 Vp-p
【振幅(定振幅正弦波、50Ù) ― 確度】 ± 1.5%(50 kHz)
【平坦性(50 kHz に対して) ― 0.1 Hz ~ 300 MHz】 ± 2%
【平坦性(50 kHz に対して) ― 300 MHz ~ 550 MHz】 ± 3%
【平坦性(50 kHz に対して) ― 550 MHz ~ 1.1 GHz】 ± 4%
【平坦性(50 kHz に対して) ― 1.1 GHz ~ 3.2 GHz】 ± 5%
【平坦性(50 kHz に対して) ― 3 GHz ~ 6.0 GHz】 ± 5%
【レンジ】 1、2、5 または 1、2、2.5、4、5 または連続可変
【正弦波純度 ― 二次高調波】 < -35 dBc
【正弦波純度 ― 三次高調波】 < -40 dBc
【正弦波純度 ― 他のすべてのスプリアス信号】 < -40 dBc(代表値)

■入力インピーダンス
【抵抗測定(9550 では利用できません) ― レンジ】 10 Ω ~ 150 Ω および 50 kΩ ~ 12 MΩ
【抵抗測定(9550 では利用できません) ― 確度】 10 ~ 40(W)± 0.5%
【抵抗測定(9550 では利用できません) ― 確度】 40 ~ 90 ± 0.1%
【抵抗測定(9550 では利用できません) ― 確度】 90 ~ 150 ± 0.5%
【抵抗測定(9550 では利用できません) ― 確度】 50k ~ 800k ± 0.5%
【抵抗測定(9550 では利用できません) ― 確度】 800k ~ 1.2M ± 0.1%
【抵抗測定(9550 では利用できません) ― 確度】 1.2M ~ 12M ± 0.5%
【静電容量測定(9550 または 9560 ヘッドでは利用できません) ― レンジ】 1 pF ~ 95 pF
【静電容量測定(9550 または 9560 ヘッドでは利用できません) ― 確度】 1 pF ~ 35 pF 2% ± 0.25 pF
【静電容量測定(9550 または 9560 ヘッドでは利用できません) ― 確度】 35 pF ~ 95 pF 3% ± 0.25 pF

■電流
【振幅 ― 直流】 ± 100 µA ~ ± 100 mA
【振幅 ― 矩形波】 100 µA ~ 100 mAp-p
【確度】 ±(0.25% + 0.5 µA)
【周波数 10 Hz ~ 100 kHz ― 確度】 ± 0.25 ppm
【周波数 10 Hz ~ 100 kHz ― レンジ】 1、2、5 または 1、2、2.5、4、5 または連続可変

■コンポジット・ビデオ出力
【振幅】 1.0 V、0.7 V、0.3 V
【パターン】 ホワイト、グレー、またはブラック
【極性】 正または負
【規格】 625 ライン 50 Hz または 525 ライン 60 Hz

■LF リニア・ランプ
【波形】 1 Vp-p 三角波、対称
【ランプ時間】 1 ms ~ 1s

■過負荷パルス
【振幅】 5 V ~ 20 V(50 Ω)
【極性】 正または負
【周期】 0.2 s ~ 100 s
【トリガー】 手動

■ゼロ・スキュー
【未調整スキュー】 ± 25 ps チャンネル間
【調整スキュー】 ± 5 ps チャンネル間
【周波数レンジ】 10 Hz ~ 100 Mhz

■開/閉出力
【出力リーク ― 開】 ± 50 pA
【出力リーク ― 閉】 ± 15 µV

■外部入力

【最大入力 ― 電圧】 ± 40 Vp-p
【最大入力 ― 電流】 ± 400 mAp-p
【レート ― ユーザー選択可能】 f(最大 120 MHz)、f/10、f/100
【レート ― フリー・ラン】 100 Hz
【基準周波数入力 ― 周波数レンジ】 1 MHz ~ 20 MHz、1 MHz 刻み
【基準周波数入力 ― レベル】 90 mV ~ 1 Vp-p(代表値)
【基準周波数入力 ― ロック・レンジ】 ± 50 ppm
【基準周波数出力 ― 周波数】 1 MHz ~ 10 MHz
【基準周波数出力 ― レベル】 50 Ω: 1 Vp-p(代表値)

■一般仕様
【温度環境 ― 動作時】 5 ~ 40 °C
【温度環境 ― 保管時】 0 ~ 50 °C
【湿度(結露なし) ― 動作時】 < 90%(5 ~ 30°C)
【湿度(結露なし) ― 動作時】 < 75%(30 ~ 40°C)
【湿度(結露なし) ― 保管時】 < 95%(0 ~ 50°C)
【電源、バッテリー寿命 ― 電圧】 95 V ~ 132 V rms または 209 V ~ 264V rms
【電源、バッテリー寿命 ― 周波数】 48 Hz ~ 63 Hz
【電源、バッテリー寿命 ― 消費電力】 400 VA
【ウォーム・アップ時間】 20 分
【寸法(モデル 9500B 本体 H × W × D)】 133 × 427 × 440 mm (5.24 × 16.8 × 17.3 in)
【重量(モデル 9500B 本体)】 約 12 kg
【寸法(モジュール 9510、9530、9550 H × W × D)】 65 × 31 × 140 mm (2.56 × 1.22 × 5.51 in)
【重量(モジュール 9510、9530、9550)】 約 0.45 kg
【安全規格】 UL3111 および EN61010-1-1:1993/A2:1995 に準拠
【安全規格】 CE マーク
【安全規格】 EMC(オプションを含む)
【安全規格 ― エミッション】 EN55011/22
【安全規格 ― イミュニティ】 EN50082-1:1992
【安全規格 ― イミュニティ】 FCC 規則パート 15 サブパート J クラス B
【保証期間 ― 本体】 1 年
【保証期間 ― アクティブ・ヘッド】 3

関連資料ダウンロード

プレミアム会員登録 (無料) が必要です

関連資料をダウンロードいただくにはプレミアム会員登録が必要です。

レビュー

この商品には現在レビューがありません。
レビュー投稿へのご協力をよろしくお願いいたします。

その他のマルチキャリブレータ

サービス紹介

・動画で学べる「計測入門講座 Isee!」を掲載開始! 視聴は こちら

・計測・測定に関する用語全般を収録した TechEyesOnline の用語集をリリースしました「計測関連用語集

関連記事