計測器

計測器中古市
750PD5 圧力モジュール フルーク
販売開始
販売状況
販売中
販売開始時参考価格
サポート状況
サポート中
閲覧にあたっての注意事項
  • 販売開始時参考価格は発売当時の価格であり、現在の価格とは異なります。
    詳細はメーカへお問合せください。また、オプション構成によっても異なります。
  • 販売・サポートは登録時のものであり、現在の状況と異なる場合がございます。
    実際の状況はメーカーにお問合せください。
  • レンタル品は在庫が無く、ご希望に添えない場合がございます。予めご了承願います。
  • 中古品は既に在庫が無く、ご希望に添えない場合がございます。予めご了承願います。
  • 画像は同一シリーズのものを掲載している場合があります。

商品説明

圧力モジュールの完全なファミリーファミリーは 48 個の圧力モジュールで構成され、0 ~ 1 inH 20 ~ 10,000 psi (2.5 mBar ~ 690 bar) までの圧力校正に対応します。
ゲージ圧力モジュールには圧力継手が 1 つ装備されていて、大気圧を基準として圧力を測定します。
差圧モジュールには圧力継手が 2 つ装備されていて、高圧側の継手と低圧側の継手の圧力の差を測定します。
各モジュールには、レンジ、超過圧力、媒体の互換性を明確に示すラベルが付いています。
すべてのモジュールには、NPT、メトリック (BSP)、M20 アダプターが付属しています。
すべてのドキュメンティング校正器、多機能校正器、および圧力校正器 (Fluke 754、752、726、725、721、719Pro、719、717 および販売終了製品の 741、743、744、701 および 702 校正器を含む) と互換性があります。
すばやく簡単な測定
Fluke 750P シリーズの圧力モジュールは簡単に使用できます。圧力を測定するには、圧力モジュールを圧力源または手動ポンプに接続してから、圧力モジュール・ケーブルを校正器に接続します。
圧力源から圧力を加えると、校正器にデジタル表示されます。ボタンを押すと、圧力を最大 11 種類の工学単位で表示できます。
750 シリーズ・ドキュメンティング・プロセス校正器とともに使用すると、圧力測定値に日付/時刻のスタンプを付けることができ、あとで取得するのに備えて電子的に保存できます。
これにより、時間が節約され、エラーが排除され、品質基準や規制への準拠がサポートされます。
以下から選択できます:
・差圧モジュール
・ゲージ圧モジュール
・高圧モジュール
・絶対圧モジュール
・真空圧モジュール
・デュアル(正・負圧)モジュール
・基準モジュール

■主な機能
75X および 720 シリーズ校正器の精密圧力測定
750P シリーズ圧力モジュールは、750 および 740 シリーズ DPC や、725 および 726 MPC と使用してゲージ圧、差圧、絶対圧を測定できる理想的な圧力モジュールです。
・0.025 % の基準不確かさ
・6 カ月および 1 年の仕様
・温度補償 0 ℃ ~ 50 ℃
・校正器とのデジタル通信により、アナログによる損失やエラーを防止
・幅広いレンジ
・ゲージ圧、差圧、デュアル・レンジ圧、絶対圧、真空圧の測定モデル

商品スペック

>>もっと見る

■デュアル(正・負圧)の仕様
◎モデル 750PD5
【パラメーター/レンジ】 -15 ~ 30psi (-1 ~ 2bar)
【最大定格圧6】 4X
【高圧側媒体2】 316 SS
【低圧側媒体2】 —
【基準不確かさ4】 ± 0.0175%
【1年間の総合不確かさ(15 ~ 35℃)】 ± 0.035%
【1年間の総合不確かさ1】 ± 0.045%
【6カ月間の総合不確かさ(15 ~ 35℃)】 ± 0.03%
【6カ月間の総合不確かさ1】 ± 0.04%

1. 1年間の総合不確かさ (温度範囲 0℃ ~ +50℃ フル・スパンに対する割合)。
1 年間の総合不確かさ (温度範囲 -10℃ ~ 0℃ フル・スパンの 1.0 %)。
温度範囲 -10℃ ~ 0 ℃ で利用できる 6 カ月間の仕様はありません。
2. 「非腐食性ガス」とは、ドライエア、または互換性のある媒体で腐食性のないガスのことです。
「ステンレス・スチール 316-SS」とは、タイプ 316 ステンレス・スチールと互換性のある媒体のことです。
3. 特に記載がない限り、フル・スパンに対する仕様 (%) です。
4. 基準不確かさは、24時間の校正実行データに対する仕様です。
5. 基準クラスのモジュールを固定解像度の製品 (717、718、719 シリーズ、725 および 726)
校正器で使用する場合は、確度仕様全体に ±1カウント を追加します。
6.最大定格圧は、定格破壊圧力に対応するよう、モジュールのフル・スケールに乗数を掛けた値となります。

関連資料ダウンロード

会員登録 (無料) が必要です

関連資料のダウンロードは会員限定です。
関連資料をダウンロードいただくには会員登録が必要です。

レビュー

この商品には現在レビューがありません。
レビュー投稿へのご協力をよろしくお願いいたします。

その他の圧力計

サービス紹介

・動画で学べる「計測入門講座 Isee!」を掲載開始! 視聴は こちら

・計測・測定に関する用語全般を収録した TechEyesOnline の用語集をリリースしました「計測関連用語集

関連記事