計測器

基本情報

販売開始
販売状況
メーカー問い合わせ
販売時参考価格
サポート状況
メーカー問い合わせ
中古品情報
お問合わせ
閲覧にあたっての注意事項
  • 新品参考価格は発売当時の価格であり、現在の価格とは異なります。
    詳細はメーカへお問合せください。また、オプション構成によっても異なります。
  • 販売・サポートは登録時のものであり、現在の状況と異なる場合がございます。
    実際の状況はメーカーにお問合せください。
  • 中古品は既に在庫が無く、ご希望に添えない場合がございます。予めご了承願います。
CP352 広帯域低容量プローブ スタック電子

商品説明

CP352はDC~6GHzの周波数帯域で、プロービング点の入力静電容量が0.25pF(10:1時)と非常に低い受動プローブです。
プローブチップ能動素子を使用したFETプローブとして比較して、入力抵抗は低い(50Ωまたは1kΩ)ものの、入力容量がFETプローブより低く、プローブ自体での相互変調ひずみの発生もありません。また、電源も不要であり、50Ωラインなど、比較的低いインピーダンスでの回路測定では、入力容量が少ないため、高い周波数領域までの測定が可能です。

■特長
1. 広帯域低用量
ブロービング点の負荷が小さい0.25pFの入力容量で、DC~6GHzの広帯域での測定が可能です。
2. 差し替え可能なアッテネータチップ
10:1と20:1の減衰比にアッテネータチップを交換することで変更できます。測定ポイント、アプリケーションに応じて適切な減衰量でご使用になれます。
3. 入力抵抗が低くてもよいアプリケーションに
FETプローブなど比較して入力抵抗が低くなっていますが、高周波回路の50Ωストリップ線路での測定には大きな影響がありません。試作・実験などの多くの場合は、FETプローブよりも安価で手軽に高周波の測定が行えます。

商品スペック

>>もっと見る

【プローブ全長】Approx.1.1m
【コネクタ形式】SMA-mType
【入力抵抗*1】450Ω±2%max.(10:1)、950Ω±2%max.(20:1)
【入力容量】10:1=0.25pF(Typ.)、20:1=0.4pF(Typ.)
【減衰比*2】10:1±3.5%max.、20:1±3.5%max.
【周波数帯域*3】DC~6GHz(-3dB以上)
【最大入力電圧】20Vrms,40VACpeak
【標準動作環境】23℃±5℃,55%±10%RH
【動作環境】5℃~40℃,20%~80%RH(結露なきこと)
【構成】プローブヘッド、450Ω抵抗、950Ω抵抗、プローブケーブル
*1 無負荷、基準動作環境にて
*2 入力抵抗50Ω±1%の測定器との組合せ(基準動作環境にて)
*3 プローブ先端とGND端子間の距離を9mmとした場合

関連資料ダウンロード

会員登録 (無料) が必要です

関連資料のダウンロードは会員限定です。
関連資料をダウンロードいただくには会員登録が必要です。

レビュー

この商品には現在レビューがありません。
レビュー投稿へのご協力をよろしくお願いいたします。

その他の計測器

サービス紹介

・動画で学べる「計測入門講座 Isee!」を掲載開始! 視聴は こちら

・登録資料数約3万点のカタログ提供サービスをリリースしました「カタログ倉庫

・JEMIMAと相互リンクの「デジタルオシロスコープの基礎と概要」掲載中!記事は こちら

関連記事