計測器

基本情報

販売開始
販売状況
販売終了
販売時参考価格
サポート状況
サポート中
中古品情報
お問合わせ
閲覧にあたっての注意事項
  • 新品参考価格は発売当時の価格であり、現在の価格とは異なります。
    詳細はメーカへお問合せください。また、オプション構成によっても異なります。
  • 販売・サポートは登録時のものであり、現在の状況と異なる場合がございます。
    実際の状況はメーカーにお問合せください。
  • 中古品は既に在庫が無く、ご希望に添えない場合がございます。予めご了承願います。
CA-100Plus カラーアナライザ コニカミノルタジャパン
資料ダウンロードはこちら
お問い合わせはこちら

商品説明

ホワイトバランス・カットオフ調整システム
標準付属品のソフトウェアCA-SDKなどで作成したパソコン用ソフトウェアで、CA-100Plusとパターンジェネレータなどの表示ドライバ機器を制御して、ホワイトまたはブラックの輝度を測定します。
測定したディスプレイの輝度値から、ホワイトとブラックの補正係数を求め、ディスプレイの補正回路に書き込みます。

CA-100互換モード
CA-100Plusは、CRTカラーアナライザCA-100の測定データとの互換性、CA-100のRS-232C通信環境との互換性を合わせ持つ“CA-100互換モード”と標準付属品のソフトウェアCA-SDKが使用可能な“CA-200モード”を選択することができます。
すでにCA-100をお使いで、データ互換性を重視される方や、CA-100による通信環境を構築されている方で、で、本器を導入される場合にも対応しています。

マトリクス校正
値が既知である任意のディスプレイの3つの単色(R,G,B)および白色を測定して、それぞれの校正値(xyLv)と発光特性を本器に設定することにより、ユーザー独自のマトリクス補正係数をメモリチャンネルに設定できます。設定後の測定では、この補正係数で補正した値を表示、出力します。
マトリクス校正を行うことにより、3つの単色(R,G,B)の加法混色によるディスプレイの測定において、この3色で作られる広い範囲で精度よく測定することができます。

商品スペック

>>もっと見る

【受光素子】シリコンフォトセル
【測定径】Φ21mm
【開口角】定義なし
【測定距離】接触式
【輝度測定範囲】0.05~1000cd/m2
【色度測定範囲】0.05~1000cd/m2
【被測定対象】垂直同期周波数:40~200Hz
【メモリチャンネル】100チャンネル

レビュー

この商品には現在レビューがありません。
レビュー投稿へのご協力をよろしくお願いいたします。

その他の輝度/色差/照度計

サービス紹介

・動画で学べる「計測入門講座 Isee!」を掲載開始! 視聴は こちら

・登録資料数約3万点のカタログ提供サービスをリリースしました「カタログ倉庫

関連記事