計測器

基本情報

販売開始
2004 年 5 月
販売状況
販売中
販売時参考価格
4,342,526 円〜
サポート状況
サポート中
中古品情報
お問合わせ
閲覧にあたっての注意事項
  • 新品参考価格は発売当時の価格であり、現在の価格とは異なります。
    詳細はメーカへお問合せください。また、オプション構成によっても異なります。
  • 販売・サポートは登録時のものであり、現在の状況と異なる場合がございます。
    実際の状況はメーカーにお問合せください。
  • 中古品は既に在庫が無く、ご希望に添えない場合がございます。予めご了承願います。
E8257D 標準信号発生器 キーサイト・テクノロジー

商品説明

・度量衡グレードの周波数/レベル確度と優れた歪み/スプリアス特性を備え、厳しい要件に対応
・1 Wの出力パワーにより、ハイパワーデバイスをテストし、テストシステムの損失を補償することが可能
・PSGは位相雑音が極めて低く、ドップラー・レーダー・テスト、ADCテスト、レシーバーのブロッキングテストの厳しいニーズに対応
・AM/FM/φM/パルス変調を信号に付加することにより、デバイスや回路を評価可能
・周波数エクステンダーモジュールにより、1.1 THzまでのテスト・システム・ニーズに対応可能

商品スペック

>>もっと見る

【周波数】250kHz~20GHz(Op520)
【周波数】250kHz~67GHz(Op567)
【出力パワー】-135dBm~+11dBm
【出力パワー】-135dBm~+25dBm(Op1EA)
【最高信号純度】-130dBc/Hz(1GHz,20kHzOffset)
【Op520】周波数レンジ250kHz~20GHz
【Op567】周波数レンジ250kHz~67GHz
【Op1E1】ステップアッテネータ
【Op1EA】大出力パワー
【Op1ED】N(f)型RF出力コネクタ(Op520,521のみ)
【Op1EU】ハイパワー出力
【OpUK6】校正証明書(テストデータ付き)
【OpUNU】パルス変調
【OpUNT】AM,FM,位相変調,LF output
【OpUNX】超低位相ノイズ

オプション

  • ステップアッテネータ Op1E1
  • 販売時参考価格:ー
  • 大出力パワー Op1EA
  • 販売時参考価格:ー
  • N(f)型RF出力コネクタ Op1ED
  • 販売時参考価格:ー
  • High output power Op1EU
  • 販売時参考価格:ー
  • 周波数 Op520
  • 販売時参考価格:ー
  • 250kHz~20GHz
  • 周波数 Op567
  • 販売時参考価格:ー
  • 250kHz~67GHz
  • AM,FM,位相変調,LF output OpUNT
  • 販売時参考価格:ー
  • パルス変調 OpUNU
  • 販売時参考価格:ー
  • 超低位相ノイズ OpUNX
  • 販売時参考価格:ー

関連資料ダウンロード

会員登録 (無料) が必要です

関連資料のダウンロードは会員限定です。
関連資料をダウンロードいただくには会員登録が必要です。

レビュー

使いやすさ
サイズ・重量
機能・メニュー
性能
視認性
外観

低位相雑音のスイーパ

8360シリーズの後継機種になります。
変調機能もオプションで搭載できますが、メインはスイーパとしてではないでしょうか。
Op.521であれば、Op.1E1 アッテネータを搭載していても、250 MHz~20 GHzにわたって確度の保障された20 dBm以上の出力も得られます。
Amplitudeのスイッチング速度も速いです(ALC ONでも6 ms未満(代表値))。
筐体のサイズ(178 mm H x 426 mm W x 515 mm)に比べて軽い(22 kg未満)のもいいところです。
SSB位相雑音も1 GHz 20 kHz offsetで-134と低く、さらにオプションで複数offsetでの確度保障&更なる低減が望めます。
低雑音LOなどに最適です。
投稿日 :2017/12/1投稿者 :Nocturne さん
使いやすさ
サイズ・重量
機能・メニュー
性能
視認性
外観

高い周波数が出力できる。

オプション567は250Hz~67GHzと広帯域をカバーしている!
投稿日 :2017/9/13投稿者 :ミツ さん

その他の標準信号発生器

サービス紹介

・動画で学べる「計測入門講座 Isee!」を掲載開始! 視聴は こちら

・登録資料数約3万点のカタログ提供サービスをリリースしました「カタログ倉庫

関連記事